シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

私ひとりぼっち…!どうしようもなく「寂しい夜を乗り切る」テク3つ

友達や家族に恵まれているのに、ふと「私って、ひとりぼっち……」と感じることはありませんか?

そんなどうしようもない孤独感に襲われたとき、皆さんならどうしますか?

誰かに話をきいてもらったり、そばに寄り添って欲しいけれど、大人になると皆それぞれの事情で忙しいですよね。

「友達も夫も忙しそうだから、迷惑かけたくない。でも、どうしようもなくさみしい……」

そんな時に有効な、働き女子の“なんとも言えないさみしさ”を解消するテクニックをご紹介します。

 

■1:“大昔に海外で書かれた”本を読む

「誰も私の気持ちをわかってくれない気がする……」そんなさみしい気分の時は、“現在の自分からできるだけ遠い存在”の人が書いた本を読みます。

日本の古典でもOKですが、さらに“遠い存在”の海外の人が何百年も前に書いた本を読むとより効果的。

「なんだ、私と同じようなことを皆悩んでいるのね。古今東西、人間ってそんなに変わらないのかも」と孤独感が癒されますよ。

 

■2:マッサージやエステを受ける

家族・友人・恋人以外であっても、人の手で触れられるとなぜかとても癒されますよね。

家族や恋人が多忙でなかなかスキンシップができないという人は、マッサージやエステを受けてみては?

心と体は繋がっているので、体のコリがほぐれると心もラクに。

「あれ、私なんであんなことで悩んでいたんだろう?」と思えるようになるかもしれませんよ。

 

■3:夜はあまり深く考えないようにして、早く寝る

夜は誰でもネガティブになり、思いつめがち。夜に書いた手紙やメールを翌朝読み返して、「ギャー!」と思った経験はありませんか?

「重要な決断は深夜にしてはいけない。必ず夜が明けてから」というアドバイスをよく耳にしますが、落ち込んでいる時も同じです。

夜はあまり物事を深く考えずに、軽くストレッチや体操をしてできるだけ早めに寝てしまいましょう!

 

以上、わけもなくさみしくなった時の対処法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

「こんな風にさみしくなるのは誰でもよくあることなんだ」と考える習慣を身につけると楽になります。

 

あわせて読みたい