シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

私って幸せ者! 彼に「大事にされているな…」と実感する瞬間4つ

付き合っている間は幸せな時ばかりではありません。むしろ、付き合いが長くなるにつれて幸せだと実感できる瞬間のほうが少なくなってくる、という現実に悲しさが込み上げてきますよね。しかし、その幸せな瞬間が少ないからこそ、幸せだと感じられる時があると、いつもよりうれしい気持ちになるものです!
そこで今回は、「私ってやっぱり大事にされているんだ……」と実感したエピソードを世の女性陣に聞いてみました。

つらいことがあって抱きしめられた時

「誰にも話せないことがあったけど、彼に勇気を出して話してみたら『つらかったね』と一言。その後は何も言わずに抱きしめてくれました。大事にされているというか愛されているというか、とにかくうれしかった!」(28歳/飲食業/女性)

▽ 彼の体温を感じると、大事にされていると感じますし安心感もありますよね。つらい時は寄り添ってくれるのが一番なので、彼もちゃんと理解してくれるのがまたうれしいですね。

彼が女性の誘いを断っていた時

「彼はモテるほうなので心配になることが多いんですが、誘われている瞬間をたまたま見てしまって、そしたら『彼女以外とは出かける気がない』とはっきり断ってくれていました。今まで不安に思っていてごめんね」(29歳/問い合わせ窓口/女性)

▽ はっきり断ってくれている姿を実際に見ると、彼を選んでよかったと改めて思えますよね。彼女を大事にしている姿がまたモテる要素の一つなのかもしれません。

誕生日に気合いを入れて祝ってくれた時

「普段は家でゴロゴロデートが多いので、デートらしいデートってあんまりしないんですけど、誕生日は頑張って手料理を作ってくれるし、プレゼントもバッグとか時計をくれる。誕生日にこれだけ気合いを入れてくれると大切にされているんだなって思えます」(30歳/事務/女性)

▽ 誕生日は本人が一番ソワソワしてしまうものですが、誕生日を盛大にお祝いしてもらえると大事にされていると実感できますね! やはり特別なイベントは心の距離を近づけてくれるようです。

自分を優先してくれた時

「予定を私に合わせてくれたり私の意見を尊重してくれたり、彼が自分のことより私のことを優先してくれるとうれしいですよね。私のことが好きだからなんだなって思うと、幸せな気分に浸れる」(29歳/不動産事務/女性)

▽ お互いの意見がぶつかりあって喧嘩をするというのはよく聞きますが、そうならないなんて素敵なカップルですね。彼女を優先することが、彼なりの愛情表現なのかもしれません。

まとめ

「好き」という言葉がなくても、相手に愛情を表現する方法はたくさんあるのですね。幸せだと感じる瞬間は多ければ多いほうがうれしいですし、彼も同じように大事にされていると感じる瞬間が多いといいですよね。