シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

私が振られたのになぜ…? 復縁を迫ってくる男性の心理

彼の方から「別れよう」と言ってきたのに、数か月たっていきなり「飯でも行かない?」と誘われ、行ってみたら「もう一度やり直そう」と言われる。こんな復縁話はあるあるですが、彼の方から振ってきたのになぜやり直そうと言ってくるのでしょうか? 自分勝手な彼の行動に、「こっちは立ち直るためにどれだけ時間を使ったと思っているんだ!」と怒りたくなりますよね。
そこで今回は、振ったのに復縁を迫ってくる男性の心理について分析してみました!

思い立ったらすぐ行動してしまう性格

喧嘩をすると「もういい別れよう」と衝動的に言ってしまう人っていますよね。それと同じで、もう無理だと感じたらすぐ行動に移してしまうタイプの男性は、別れて冷静になったとき「なんで別れたんだろう?」と別れた理由が自分でも分からなくなってしまうことがあります。それでいちいち別れようとするのは正直迷惑ではありますが、好きじゃなくなって別れたわけではないので復縁を考えてあげてもいいのかも?

倦怠期を勘違い

もう顔も見たくない、連絡も取りたくない、と思ってしまうのが倦怠期。なにをするにしても面倒になってしまいますよね。倦怠期に別れるカップルは多いですし、倦怠期=好きじゃなくなったと勘違いしてしまう人もいます。
もしあなたに好きな気持ちがあるなら、「仕方ないな」と許してあげてくださいね。

他の女性では寂しさを埋められなかった

別れてから他の女性と付き合ってみても、なにか物足りない、寂しさを埋められないと感じ、復縁を迫ってくる場合があります。あなた以外の女性と付き合ってみたいと思い、それに満足してまたあなたのところに戻ろうとしている可能性も。こんな自分勝手な行動は遠慮してほしいものです。

離れてから魅力に気づいた

付き合っているときは距離が近いので、だんだんと飽きてしまうことってありますよね。刺激が足りない、ドキドキしなくなったと思うと別れに踏み出す方は少なくありません。しかし離れてみると、離れないと気づかない魅力や可愛さに気付くものです。あなたの良さを再確認して、ヨリを戻したくなるのかもしれませんね。

まだ俺を好きなんだろ? と思っている

「まだ俺のこと好きなんだろ?」「復縁してやってもいいけど?」という自信家な男性に多い復縁を迫る手口です。こういう男性に限って、断ると「お前調子に乗るな」とキレ始め「誰がお前と付き合うかよ」という捨て台詞を吐きかねません。復縁してもツラい日々が待っているので判断を間違えないように気をつけましょう。

キレイになっていたから

男性でも女性でも、別れてからかっこよくなったり、キレイになったりするパターンがありますよね。その姿をみて、手放したことを惜しいと感じ復縁したいと思ったのかもしれません。その場合は心の中でガッツポーズしましょう! 彼と別れたことでキレイになれたので、むしろ彼に感謝するくらいの心の余裕を持ってもいいですね。

まとめ

どんな理由でも、振り回されていることに変わりはないので困ってしまいますよね。彼を好きな気持ちがまだあると「復縁したい!」と強く思ってしまうかもしれませんが、本当に復縁しても後悔しないのかをよく考えて、自分が幸せになれる選択をしてくださいね!