シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

私がモテないのは「たったひとつ」アレが足りていないからだった

私がモテないのは「たったひとつ」アレが足りていないからだった

ダイエットをしてスタイルも悪くないし、良く「可愛いね」とも言ってもらえるのに、なぜか男性にモテない……なんてそこのあなた!

もしかしたら、その非モテの原因は“アレ”が足りていないからかもしれませんよ。

本日は『お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術~10日学び、10日働き、10日遊んで売れていくセオリー~』の著者で、周囲には男女問わずファンが多い舛岡美寿子さんに、男性を惹き付ける女性になる方法を伺いました!

 

■バランスが大切!

「私は、“10学び・10遊び・10働く”という生き方をモットーにしています。

“学び・遊び・働き”ではなくとも、とにかく3つであることが重要です。

なぜ、3つに絞るのかというと、3つが一番バランスが良いから。2つだと天秤はゆれやすいし、4つだと風に吹かれると倒れやすい。しかし、三脚だと、しっかりと立っていられますよね。

この3という数字は、常に意識していて、洋服のカラーも3色、家事をする時にも3つを同時に出来る“バランス”を大切にしています。

非モテの女子には、このバランスが取れていない方が多いように感じます。

洋服も3色以上で、言い方は悪いですが“おバカさん”と思われてしまいそうな服装であったり、化粧バッチリ、洋服バッチリで決まっているのに、靴のカカトが汚かったり、鞄の糸がほつれていたり。

決めるときには抜かりなく決める、それもバランスのひとつですよね」

 

■あなたの“後ろ姿”は大丈夫?

「バランスが取れているかを考えた時に、是非意識して頂きたいのが“後ろ姿”です。

前から見たらとっても美人なのに、後ろ姿が丸まっていたり、姿勢が悪い女性って男性から見たらガッカリです。

私も、5年程前に自身の“写真に写る姿”を見て愕然としたことがあります。背中が丸まって、おばあさんのように見えたからです。

それからは、ジムに通い、筋肉をつけて背筋が伸びることを意識したり、身体のバランスを崩さないために、ペタンコの靴を履くようになり、お陰で“姿勢が美しい”と褒めていただけるまでになりました。

現代の人は、パソコンやデスクワークにより背中が丸まっている方がとても多いです。

是非“後ろ姿”も美しく出来るように姿勢を整えることを心掛けて下さいね」

 

彼の前で無理はしていませんか?

「若い女性には、彼の前で自分を良く見せようと思ったり、強がったりしてしまう方もいるでしょう。しかし、それは結局長くは続かず、いつかはボロが出ます。

私は、いつでも無理をせず、どうしたら自分が“楽チン”で“楽しくて”“機嫌良くいられるか”を考えています。

そんな自然体でリラックスした自分であるからこそ、彼も自然体でいられるのです。

今、もしあなたが彼の前で無理をしているのなら、彼もまた無理をしているかもしれませんし、そもそも自然体でいられないのなら、相性は良くない可能性もあります。

これを機に、今一度自分と彼を見直してみても良いかもしれません」

 

いかがでしたか?

女性は人生の様々なステージで、いくつものことを同時進行していかないとならない場面も多いですから、恋愛においても“バランス”を意識して、より良い女になれるよう頑張りましょうね。

 

【取材協力】

※ 舛岡美寿子・・・1957年、広島生まれ。有限会社オフィスリヴ代表取締社長。30代で契約した大手下着メーカー販売代理店では、年商最高額1億6千5百万円。18年間の販売代理店活動卒業後は、女性をお客様とする企業専門コンサルタントに転身。
独自の視点で行うコンサルティングには定評があり、10年にも及ぶ長期コンサル顧問契約を多数もつ。著書に『チャーミングに夢をかなえる4つの習慣』、『お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術~10日学び、10日働き、10日遊んで売れていくセオリー~』がある。

投稿私がモテないのは「たったひとつ」アレが足りていないからだったMenjoy! メンジョイの最初に登場しました。