シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

社会人なら知っておきたい!「勇躍」と「飛躍」「躍進」との違い

小学館の国語辞典『大辞泉』で、ことばセンス&知識を自己点検!「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性を目指しましょう♡ 今回は「勇躍」の意味について。

「勇躍」ってどんな意味だと思いますか?

後輩からのレポートに「企業Aはまたたく間に世界へと勇躍した」とあったら、違和感を感じる? 感じない? そもそも勇躍って、どんな意味の言葉か、ご存知ですか?

【問題】
「企業Aはまたたく間に世界へと勇躍した」この文章は正しい? 誤り?

1.正しい

2.誤り

正解は?

勇躍
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

2.が正解!

「勇躍」の使い方が誤りです。「勇躍」というのは、いさみ立ち、心がおどることを意味します。ですので、この文章で、企業Aが発展したり、広く活躍したりすることを表す言葉ならば「飛躍」「躍進」が適当です。

ゆう‐やく【勇躍】
いさみ立ち、心がおどること。副詞的にも用いる。「勇躍して決勝戦に臨む」〈『大辞泉』より〉
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉