シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

知りたくなかった!彼に「ただの友達」と思われているサイン4つ

恋愛は急ぎ過ぎても失敗するし、時間をかけ過ぎたら友達ゾーンから抜けられなくなってしまうし、タイミングがものを言います。ですがタイミングがどうこう言う前に、そもそも彼が、あなたを恋愛対象として見ていない可能性もあります。

そこで、そんな彼のサインを見逃して誤解しないためにも、海外女子大生向け情報サイト『College Candy』に掲載された記事を参考に、“ただの友達と思われているサイン4つ”をお伝えしたいと思います。

 

■1:“ここで途切れるか!?”ていうところで、LINEやメールが終わる

男は、恋愛対象として狙っている女性に対しては一生懸命になります。なので、LINEやメールのやり取りでも、できるだけ会話を引き延ばそうとする努力が見られます。ですが、どうにも友達ゾーン内にしかいない女子には、“ここで途切れるか!?”というところで、メッセージが強制終了になるのです。

そして、「今何しているの?」といった様子を伺うメールが、彼から来ないことがほとんどです。

 

■2:名字で呼ばれる

名字で“さん”付けなら、まだ二人がそれほど親しい間柄ではないということで、これからの進展が期待できないことはありません。ですが、かなり仲がいいのに、彼があなたを名字で呼び捨てにするなら、あなたへの恋愛感情はかけらもないと思っておきましょう。

 

■3:会話に他の女の話が頻繁に出てくる

気になる彼との会話に、やたらと他の女の話が出て来たり恋愛相談をされたりしたら、まず友達ゾーンを超えられないでしょう。男って好きな女性には、“自分がフリー”であることをアピールするからです。

とはいえ、なかには他の女性の話をして、あなたが嫉妬するかどうか反応を伺っている場合もあるので、どれぐらいの頻度で女の話が出るか観察してみてください。

 

■4:絶対に体に触れようとしない

彼が、あなたを異性として見てない場合は、まず体に触れようとしないでしょう。そして、一緒に飲みに行ったりご飯を食べたりしている時に、あなたの物を味見しようとはしないし、彼の物を進んで味見させようともしません。

これは、かなり彼の生理的な本能に関わることなので、自分が友達ゾーンを超えられるかどうか確認したければ、「それ、味見させて!」と聞いて反応を見てみましょう。

 

そして、彼に女として意識してほしければ、何よりもまずあなたが綺麗になること! そうすれば、ことあるごとに彼がドキっ!とする機会が増えるのです。それが友達ゾーンを抜け出すチャンスになるのではないでしょうか。

 

【参考】