シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

知らないと赤っ恥!「天王山の戦い」の意味は?

小学館の国語辞典『大辞泉』で、ことばセンス&知識を自己点検!「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性を目指しましょう♡ 今回は「天王山の戦い」について。

「天王山の戦い」という表現、どんな勝負かわかりますか?

ラジオでスポーツ中継を聞いていたら「まさに今日は天王山の戦いですね」というコメントが。これってどんな意味?

【問題】
天王山の戦い」あなたは、どの意味で使いますか?

1.必ず勝てる

2.勝敗の分かれ目

3.後がない

正解は?

天王山の戦い
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

2.が正解!

天王山は標高270メートルの小さな山です。天正10年(1582)、この地で羽柴(豊臣)秀吉が明智光秀を破り、全国制覇への第一歩を踏み出しました。そのことから、重要な選挙や試合を「天王山の戦い」などと表現します。

てんのう‐ざん【天王山】
【一】京都府南部、乙訓郡大山崎町にある小丘。淀川の分岐点にあり、古来水陸交通の要地。天正10年(1582)山崎の戦いで、羽柴秀吉が明智光秀を破った。
【二】《一の故事から》勝敗や運命の重大な分かれ目。〈『大辞泉』より〉
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉