寒い日は、オシャレよりも暖かさが優先。「オシャレは二の次」だという方は多いですよね。しかし、そんな日に限って突然食事やデートのお誘いが……なんてこともあるでしょう。「この防寒服じゃ無理」と、断わったことがある方もいるのでは?

ですがそれ、とても勿体ないことですよね。今回は、薄着オシャレでも冷えない対策を3つご紹介していきたいと思います。

 

■1:五本指ソックス+足首丈ソックス

スキニーパンツやくるぶし丈のパンツなどタイツを履けないファッションをするときは、まず足の甲までの五本指ソックスを履いて、その上から足首丈の靴下を重ね履きしてみてください。シルク素材の五本指ソックスならかさばらないうえに、保温性に優れているので足先が温まります。

それでも足先が冷える方は、靴下用のカイロや暖か素材のインソールを活用してみては。

 

■2:首元・お腹周りにカイロ

首には頭と体をつなぐ太い血管・頸動脈があります。そこを温めてあげることで、温かい血液が体内を循環するようになり冷え対策に。また、重要な臓器が集まるお腹を温めてあげるのも効果的です。

カイロを背中の上の方(できるだけ首の近く)とお腹周りに貼って、効果的に温めてあげましょう。低温やけどをしないように、インナーの外側に貼ってくださいね。

 

■3:その日のファッションに合ったインナー

近頃の暖かインナーは、さまざまなファッションに合うデザイン性の高いものが豊富。デコルテが大きく開いたトップス用や首元までしっかり暖めてくれるタートルネックタイプ。くるぶし丈のパンツを履きたいときに嬉しいひざ下丈のインナーも存在するので、寒さを我慢することなくオシャレを楽しめます。

 

“寒さ対策=着膨れ”だと思っていたみなさん、是非試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】