シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

着こなせない女子多発中!「ライダースジャケット」ダサ落ちコーデ5選

昨年から今年の冬は、ライダースジャケットが大人女子の“こなれ”アイテムとして台頭してきました。普段きれいめな格好をしているコンサバ女子には、着こなしが難しく感じられるアイテムなのでは?

ライダース、特に大きな襟がついた“ダブルライダース”は、今季のキーワードである“ジェンダーレス”や“エフォートレス”を実現する優秀アイテム。コンサバ女子が抜け感を出すために、特に着こなしをマスターして欲しいアウターなんです。

そこで今回は、ファッションライターである筆者が、ライダースジャケットのやりがちなNGコーデを、5つお届けします。

 

■NG1:白シャツ

大人女子なら必ず一枚は持っているのが白いシャツ。ハードなイメージが強いライダースジャケットとかっちり目の白シャツは、あんまり相性がよくないんです。

二つとも立体的なシルエットなので、ダブルのライダースを羽織るときはインナーにボーダーT、レトロなロゴがついたヴィンテージT、セーター、スウェットなどをゆるっと合わせるとちょうどよいハズシになりますよ。

 

■NG2:ハイネックセーター

この冬大流行なのがハイネックセーター。ですが、ライダースの襟のインパクトが強いため、ハイネックをチョイスしちゃうと首元がうるさい雰囲気になり、垢抜けません。

セーターには、クルーネックタイプをチョイスして。Vネックにすると少々古くさい印象になっちゃうかも。

 

NG3:スキニーパンツ

海外モデルがオフスタイルにライダースとスキニーを着ているスナップ写真をよく見かけませんか? 彼らは宇宙人のようなスタイルをもつ異次元人間なので、一般的な女子にはハードルが高いコーデ。

フツーの女子が大人可愛くライダースを着こなすには、今年旬のきりっぱなしデニムや、みもれ丈スカートがグッド。特にフレアスカートやワンピをライダースに合わせると、マスキュリン×フェミニンの絶妙バランスで、一気にこなれ風に。

 

■NG4:レザーのボトムス

今季はレザースカートが流行っていますよね。ですが、トップスとボトムスを両方レザーにしちゃうと重いコーデになってしまいます。特にレザーパンツとライダースなんて合わせちゃうと、バイクを愛する人たちに人気の“バイカーファッション”になっちゃうので気をつけて。

 

■NG5:ノーアクセ

筆者が一番オススメするこなれスタイルが、ライダース×ボーダーT×パールネックレス。ライダースとボーダーTだけだと少しハンサムすぎますが、ここにパールネックレスを投入すると艶っぽさが加わります。

また、スウェットやセーターをインナーに着たときはスカーフをするなど、一点女らしいアクセを加えてみてください。首元を飾らないときは、大降りピアスをつけるのも好バランスですよ。

 

ハードなイメージのライダースには、あえて“カジュアル”と“女らしさ”を効かせるとデイリーに取り入れやすいんです。この冬、新たにライダースジャケットを定番コーデに加えてみませんか?

 

【おすすめ記事(PR)】