シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

相席スタート・山添寛の【本日も、クズ紳士なり】|第11回「待ち合わせの際に取った行動がまさにクズ紳士? その真相とは?」

紳士なのにクズ、クズなのに紳士という、今までになかったキメラタイプの芸人・山添寛さん。両極な個性を持ち合わせているからこそ分析できる、真の男の解体新書、ここに見参! 今回は「日常に潜むクズ紳士的行動」についてお話しします。

みなさん、こんにちは。

「クズ紳士」こと相席スタートの山添寛(やまぞえ・かん)と申します。

近況報告ですが、最近借金をしない生活が続いていたのですが、相方のケイさんに「最近お金足りてるの?」と借金の打診をいただきました。ケイさんがそうおっしゃるのでしたら、まだまだお世話になりたいと思います。いつもありがとうございます。

What’s about「クズ紳士」?→酒・女・ギャンブルに精通するクズ男な一面を持ちつつも、レディーファーストでスマートな立ち振る舞いができるまさにクズと紳士のハーフ、これぞ山添 寛最大のオリジナリティ!? クズと紳士の両面に精通するために、あらゆる男心を分析できるという特殊能力も完備している。

連載を読んでくださる方も徐々に増え、さまざまなところで「山添のその行動ってクズ紳士だよね」などとご評価(!)いただくことが増えました。

そんな中、ある打ち合わせの際に言われたことが、ちょっと自分でも意外な結果を生み出しましたのでご紹介したいと思います。

打ち合わせに遅刻!? そのとき山添が取った行動とは?

遅刻。みなさんはされることがあるでしょうか。

もちろんいけないことです。僕もできる限りしないようにはしているつもりです。

しかし、本当に申し訳ない限りなのですが、「ほんのちょっとだけ」待ち合わせに遅れることもしばしば。5分ほどのそういった小さな遅刻です。よくないことです。はい、最低です。

紳士であれば遅刻はしないでしょう。しかし僕はクズ紳士。遅刻してしまうのです。申し訳ありません。

しかしですよ、ただのクズと違うのは「待ち合わせの時間に遅れてしまうかも」と気づいた瞬間に、「何分間遅れる」ということをLINEやメールなどですぐ連絡を入れるんです。そのとき僕が無意識にやっていたことがありました。

「到着予定時間よりも少しだけ遅い時間を先方に伝える」ということ!

つまりこうです。

13時に待ち合わせしていたとして、それに間に合わず、到着が13:05になることがわかりました。そのときに先方に「5分遅れます」という連絡を入れず、こう伝えたのです。

「13:15ごろの到着になります」と。

これは無意識でやっていたことでした。そして到着したのは13:05。するとどうでしょう。お待たせしていた先方から意外な反応があったのです。

待たせた先方、そのリアクションとは?

開口一番「え? 早いじゃないですか。急がせてしまって逆にすみません」と。

中には僕が15分遅れるものだと思い、少し時間をつぶしてから待ち合わせ場所に来た方もいたりして、遅刻したはずの僕の方が先に到着する、そして先方が「遅れてすみません」と謝るなんていう『遅刻下克上』を成し遂げたこともあったんです。

このクズ紳士的遅刻連絡がもたらす効果とは?

5分遅れるのに15分遅れると連絡する、この行動がもたらしたのは「遅刻」というまぎれもない事実を隠蔽し、上書きされるかたちで「思ったより早い」「急いでくれたんですね」「全然遅刻じゃないですよ」などと、なぜか褒められるという現象を生み出していたのです。

これこそまさに「クズ紳士的行動」であると僕は気づいたのです。

いいえ、開き直ってなどいません。

「遅刻」というどう転んでもネガティブな状況から、みなを笑顔にする唯一無二の方法だと思ったのです。

みなさんももし遅刻された際には、このクズ紳士遅刻連絡をご活用してはいかがでしょうか?

え? 調子こくなって? 叱咤激励ありがとうございます。

次回もこんな僕のお話を聞いてくださるのであれば、涙を流し膝まずかせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

撮影/菊竹規 構成/吉田奈美