シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

目の当たりにするの意味・類語は?目の当たりにするの例文も紹介

1:目の当たりにするの意味は?類語は?英語で言うと?

(1)目の当たりの読み方と意味は?

まずは「目の当たり」の読み方や意味について、辞書を調べてみました。

ま‐の‐あたり

《「目の辺り」の意か。「目の当たり」とも書く》

[名]

目のすぐ前。眼前。「災害のあとをまのあたりに見る」

疑う余地のない事がら。事実。

[副]

ある事態を目前にしているさま。実際に。「燃えさかる猛火をまのあたり見て、声も出ない」

相手にじかに接するさま。したしく。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

会話で使われるときには、ある事態を目前にしているときや、その瞬間のことを表現するために使われることが多いですよね。

(2)目の当たりにするの類語は?

「目の当たりにする」の類語には「目前」や「目の前にする」「真正面」などが挙げられます。いずれも「すぐ近く」「すぐ前」といった状況を表現した言葉ですね。

(3)目の当たりにするを英語で言うと?

「目の当たりにする」を英語で言うと「see with one’s own eyes」や「right in front of」で表すことができます。

 

2:いい意味で使う?「目の当たりにする」の例文3つ

「目の当たりにする」は、いい意味でも悪い意味でも使われます。ここでは、その例文を3つご紹介します。

(1)「現実を目の当たりにした」

いいことでも、悪いことでも、なんらかの事柄に対する現実を知ったときに「現実を目の当たりにした」という言葉を使うことも。

例えば、新社会人が仕事の厳しい現状を知ったときや、あるいは婚活を甘く見ていた人が婚活パーティーに初めて行ったときなどに、「現実を目の当たりにした」と表現したりします。

(2)「浮気の現場を目の当たりにした」

「ちょうどこの目で見た」という事実を伝えたいときにも「目の当たりにした」と言うケースがあります。たとえば「浮気の現場を目の当たりにした」というように、そのまさにジャストな現場を自分の目で見てしまった様子を表します。

(3)「惨状を目の当たりにした」

自然災害や事故などに遭遇した場合、「惨状を目の当たりにした」という文章が、しばしば使われます。「現実として目の前で見た」という状態を示したいときに「目の当たりにした」で表現する人もいるでしょう。

 

3:恋愛や結婚の現実を目の当たりにした瞬間7つ

ここからは、恋愛や結婚で「現実」を目の当たりにした人に、その瞬間について話してもらいました。

(1)若い子がモテる現実

「婚活を始めましたが、婚活パーティーに行くたびに、若い子ほどモテるという厳しい現実を目の当たりにしています。

それまでは、容姿にはそれなりに自信があったんですが、年齢というのは数字ですから、残酷ですよね。やっぱり若い子ほどモテるというのは絶対的な真実ですね……」(38歳女性/製薬関連会社勤務)

(2)二股現場に遭遇

「元カレの話ですが、それまでも薄々浮気をしているんじゃないかって疑ってはいたものの、証拠をつかめずにいました。

でもある日、知らない女の子と手をつないで歩いている現場にたまたま遭遇して。まさに二股の現場を目の当たりにした瞬間でした。もちろんすぐに別れましたよ」(25歳女性/医療機関勤務)

(3)かわいい子ほど早く結婚できてる

「仲良し女子会グループみんなで、“せーの!”で一斉に婚活を始めて、早3年。

振り返ってみると、かわいい子ほど早く彼氏もできるし、ゴールインまでも早い気がします。これって、やっぱりかわいい子ほど恋愛や結婚に有利ってことでしょうか。

過酷な現実を目の当たりにした気分です」(35歳女性/IT企業勤務)

(4)ぶりっ子がいい思いを…

「私はぶりっ子キャラの女性が苦手なのですが、なんだかんだ言って、男はぶりっ子に弱いと思いますね。

合コンなんかでも、あからさまなぶりっ子なのに、いい思いをしていることが多いです。そういうシーンを目の当たりにするたびに、これが恋愛の現実か……って、悲しくなります」(28歳女性/アパレル会社勤務)

(5)おっぱいが大きい子がモテる

「私は自分でも認めるくらいの貧乳ですけど、合コンではおっぱいが大きい子がチヤホヤされているという現実を、何度も目の当たりにしています。

見た目より中身で勝負!って自分に言い聞かせてますけど、見た目中の見た目、おっぱいのサイズだけでモテている女性を目の当たりにするたびに、くやしさがこみ上げます」(30歳女性/商社勤務)

(6)正直者がバカを見る…

「婚活シーンで、相手に求める条件の話になったとき、バカ正直に思っていることを伝えると、大抵の男は引いてしまうみたい。

女子会ではいろいろな理想を語っていても、男の前だと“優しい人”とか“頼れる人”とか、抽象的なことをいう女のほうがモテるとうい現実も目の当たりにしてきました……。

正直者はバカを見る実態を、婚活で思い知らされましたね」(34歳女性/不動産会社勤務)

(7)結婚したもん勝ち

「婚活にいろいろ条件をつけても、その条件どおりに進まないくらいなら、多少は妥協しても結婚しちゃった人のほうが勝ちだなって、つくづく思いました。

私は今年で42歳ですけど、いろいろな条件を出しているうちに、どんどん歳をとってしまった感じ。

まわりを見回すと、妥協してでも早く手を打った人のほうが生活は安定しているし、条件にこだわるより、どんな相手でも結婚しちゃったほうがいいのかもっていう厳しい現実を目の当たりにしています」(42歳女性/小売業)

 

4:目の当たりにすることはよくあること

「目の当たりにする」というのは、単に「見た」とか「経験した」などと表現するよりも、より臨場感のある表現だということがわかります。

みなさんもぜひ、会話の中で「目の当たりにする」を使ってみてください。