シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

白い舌は…不妊症の恐れも!鏡を手に「あっかんべー」で分かる女の不調3つ

東洋医学では、問診だけではなく、顔色や姿勢、臭い、舌の状態、筋肉のつき方などを体調の判断材料とすることがあります。その中でも舌というのは、色や形、舌苔の量や色、舌の動きなど様々なチェックポイントがあり、比較的簡単に体調を知るために適しています。

今回は、漢方の専門家である著者が、舌で分かる体の不調について解説したいと思います。

 

■(舌苔の色ではなく)白い舌の人の状態について

東洋医学で考えると、舌苔ではなく舌そのものが白っぽい状態は、血が不足している状態と考えます。血が不足している症状として、集中力がなくなる、情緒不安定になる、爪や皮膚、髪の毛のコンディションが悪くなる、甘いものが食べたくなる、不眠症になる、生理時に頭痛が起こりやすくなるなどの特徴があります。心当たりはありませんか?

 

■白い舌による体の不調について

(1)不妊症の傾向

舌が白いことに加え、少し舌が浮腫んだように腫れぼったくなっていることが多いです。特徴として、生理の量が少ない、生理前後眠気が強い、生理の終わりかけから体調が悪くなる、低温期が長く、高温期が短くなりやすいなどがあります。

(2)PMS(過食、不安感などの不調を生理前に感じる)の傾向

舌が白いことに加え、舌が薄っぺらく小さくなっていることが多いです。特徴として、生理前になるとカロリーが高いもの、もしくは糖質の多いもの、もしくは両方を食べたくなることが多いです。日頃の生活で、パン類、麺類、ファストフード、栄養補助食品などを食べる機会が多い人によく見られます。

(3)パニック症やうつ病の傾向

舌が白いことに加え、白や黄色の舌苔が多く付着していることが多いです。特徴として、雨の日や曇りの日など、気圧の変化があると体調を崩しやすかったり、もともと胃の調子が悪くなりやすい人に多く見られます。

 

■白い舌の対処法とは

血を補うことが必要です。緑黄色野菜やゴマ、ヒジキなどの色の濃い食材、マグロやカツオ、鶏肉、納豆など高蛋白な食材を摂るようにしましょう。冷たいものは控え、よく噛んで消化器官に負担がかからない食べ方をするのが効果的です。

 

複数の体質が混在していることが多いので、舌の状況を自己判断するのが困難な場合もあります。しっかり体調を知りたい場合は、専門家に診ていただくことをオススメします。

 

【姉妹サイト】

※ 投資デビューにぴったり!初心者にやさしい「投資アプリ」初めの一歩

※ 5秒で判明!おブス体型の原因に…「美人姿勢」簡単セルフチェック