シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

男性もご理解を!月1回モーレツ辛い「生理前の眠気」原因&スッキリ策

大切な時にどうしても眠くなることってありませんか? 特に女子は月に一回耐え難い眠気と戦うことがあります。時期は人によって違ったり症状の強弱はありますが、一番眠気を感じるのは生理前ではないでしょうか。

今回は、婦人科を得意とする漢方薬剤師の著者が、男性にはなかなか分からない辛い眠気から解放される方法を紹介したいと思います。

 

■生理前に眠気がでる理由2つ

(1)西洋医学的な理由

女性は生理周期に合わせて2つのホルモンが増減しています。生理が始まる前2週間くらいは、プロゲステロンというホルモンが増えると同時に、一時減少していたエストロゲンというホルモンも増加するため、2つのホルモンのバランスを保つのが難しくなります。

また、プロゲステロンは眠気を催すホルモンでもあります。2つのホルモンのバランスを乱すと眠気を強く感じやすくなります。

(2)東洋医学的な理由

血虚(けっきょ)という体質の人は、生理前に眠気が強くでると考えられています。血は、物事を考えたり集中力を高めたいときに必要とされているものです。この血が不足しやすい生理前に、物事を考えたり集中したりすると余計に眠気が増すと考えられています。

 

■生理前の眠気を予防する方法2つ

(1)西洋医学的な予防

ホルモンのバランスを乱さないようにするポイントは、自律神経を乱さないように心がけることです。寝る前に、自律神経を乱すといわれる携帯やパソコンの光を見ないようにしたり、いつも頑張る自分にご褒美をしっかり与え、ストレスをためないようにすることも効果的です。

(2)東洋医学的な予防

お菓子やパン、パスタなど糖質をできるだけ控えて、鶏肉やカツオや納豆などタンパク質をしっかり毎食摂るように気をつけることが効果的です。

 

■生理前の眠気をすぐに解決する方法3つ

(1)手を洗う

手首を水で冷やすようにすると、全身がクールダウンされ目が覚めます。

(2)椅子から少しだけお尻を上げて座る

空気椅子状態を1分キープします。 足のももと腹筋が鍛えられてダイエットにもつながります。眠くなくとも毎日取り入れたいくらいです。

(3)ツボを押す

攅竹(さんちく)といって眉の眉間側の先端にあります。骨のくぼんだ部分を上に押し上げるように5秒程度押してみましょう。眠気だけではなく、顔のむくみや瞼のむくみの改善、頭痛や眼精疲労にも効果的です。

 

眠くなってしまってからでは、なかなか取り除くことのできない眠気。しかし、周りからは怠け者やだらしのない人と思われてしまうこともあります。健康な状態であれば、生理前に眠気を感じることは殆どありません。事前に防ぎ、効率のよい毎日を過ごしたいですね。

 

【姉妹サイト】

※ 眠れないなら背中をゴシゴシ!名医が教える「ぐっすり快眠入浴法」

※ ボジョレーヌーボー解禁!フランス人が溺愛する「相性抜群チーズ」3種