シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

男は馬に嫉妬するの?『馬子先輩の言うとおり』のココが面白い

JRA(日本中央競馬会)全面協賛ドラマ、競馬ラブコメディとして放映中の、『馬子先輩の言うとおり』は、もうご覧になりましたか?

こちらのドラマ、JRAで行われる実際のレースと内容が連動していて、競馬のレース結果でストーリーの内容が左右されることもあるんだとか! 競馬に今まで興味がなかった男女も、『馬子先輩の言うとおり』をきっかけに、競馬に興味をもちはじめているようです。

そんな『馬子先輩の言うとおり』ですが、男性の心理が垣間見える面白さをもっているドラマでもあります。そんな、ドラマに見られる三角関係を、心理カウンセラーの筆者と一緒に覗いてみましょう!

 

■『馬子先輩の言うとおり』のあらすじは?

気になる、『馬子先輩の言うとおり』の主人公は、大野いと演じる、競馬好きの美女“馬子(まこ)先輩”と、彼女にヒトメボレした男性、松島庄汰演じる“岡部豊”です。

馬子は恋愛のほうはからっきし。それどころか女性同士の人間関係もイマイチで、同僚と話もせず、変わり者の人嫌いと思われている女性。でも競馬や、馬のことは大好きで、競馬中継を見てとても美しい笑顔を見せます。岡部はそんな笑顔に一目惚れしますが、馬子は男に全く興味なし!

そこで、岡部も競馬のことを勉強し、「菊花賞で自分が選んだ馬が勝ったら、付き合ってほしい」と馬子に迫ります。ところがその馬は、現実の菊花賞であえなく敗退……。

馬子と付き合うことができなかった岡部ですが、次は馬子と、彼女にライバル心を抱く同僚女性との、競馬対決の“賞品”として扱われることに! 岡部と、馬が大好きな馬子先輩との恋の行方は……!?

 

■ライバルが馬ってどうなの!男性は“人間以外”にも嫉妬する!?

『馬子先輩のいうとおり』では、馬子先輩を狙う岡部は、馬子先輩がゾッコンになっている“馬”との三角関係を演じています。実際、女性がなにか、男性以外のものに夢中になっているからといって、男性がその“何か”に嫉妬することなんて、あるのでしょうか?

答えは……アリです! 確かに普通、嫉妬するなら“ほかの男性”がスタンダード。でも、もし意中の女性が、自分ではなく、もっと趣味的なものに一所懸命になっていたら……? 男性は、その“何か”にも嫉妬して、もっと自分のほうを向いて欲しい!と考えるものです。

実は、男性を惹きつける方法のひとつがこの“嫉妬”。相手の嫉妬心を煽ることで、自分のほうにより強く惹きつけておくことができます。

ところが、現実世界では、そう都合良く三角関係は起こりませんよね。ですから、女性の皆さん、是非、目の前の彼氏をしのぐほどの趣味を身につけてください! 趣味に嫉妬してもらえば、あなたの彼はあなたの趣味に勝ちたくて、一所懸命になっちゃいますよ。

 

男性は嫉妬する生き物! そして、嫉妬するほど、相手の女性に惹きつけられる生き物です。でも、現実には嫉妬させるだけではなくて、時折、彼のほうを向いてご褒美をあげないと、男性のほうも「じゃあ、趣味に生きろよ! フンっ」となってしまうので要注意!

現実の女性が、馬子先輩みたいに競馬一色になっちゃうのも、ちょっと危険かもしれませんね……。

 

【画像】

モデル 相川 葵