シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

男は●●が嫌い!「あざとい女だ…」と嫌われまくる媚び仕草3つ

男性に言い寄られた際、下心丸出しのバレバレなアプローチを受けて気分が萎えてしまったという経験がある女性も少なくないのではないでしょうか。それと同じように実は男性も、女性からバレバレなアプローチを受けて、内心で「あざといなぁ」と感じてしまうことがあるのです。

そこで今回は『gooランキング』を参考にしながら、男性が実は嫌っている女性のアピール仕草についてみていきたいと思います。

 

■1:反応がオーバーリアクション

「リアクションが大袈裟」

「カワイイー!を連発」

一般的には男性と会話をする際に「上手なリアクションをとるとモテる」と言われていますが、それをオーバーリアクションと勘違いしている女性がいるようです。

面白い話や驚くような話でもないのに「本当に!?」など本来よりオーバーな反応ばかり示していると、男性は「この子、俺に媚びてるのかな?」と疑いをもってしまい、結果として好感度が下がってしまいます。

上手なリアクションとは、何もリアクションだけではありません。質問を返したり、真剣に相手の話を聞いたりすることだけでも男性は十分喜んでくれます。

 

■2:上目遣いアピール

「うるうるの上目遣い」

「上目遣いでイチコロ」なんてよく言います。確かに男性の父性をくすぐる反面、上目遣いは“ぶりっ子”の象徴としても広く認知されているため、それを「あざとい」と感じる男性も少なくないようでした。

上目遣いの使い方を間違えて、一度“ぶりっ子認定”を受けてしまうと、その痛手を回復するのは至難の業です。さらにタイミングを間違えてしまうと“痛い子”だと認定されてしまう可能性もあります。注意しましょう。

 

■3:ここぞとばかりに女子力アピール

「料理できますアピール」

「飲み会で料理の取り分けや、飲み物の注文を頑張る」

飲み会の場などで「私がやるよ!」と料理を率先して取り分ける女性は確かにモテます。しかし、それも程度によるもので、女子力アピールがあまりにも押しつけがましいと男性はその必死さに引いてしまいます。

有効な女子力アピールとは、さりげなく家庭的な一面を見せることが重要なのであって、これ見よがしに見せつけるようなアピールはむしろ“押し付け”になってしまいます。

そんなに気張らなくても、意外と男性はちゃんとあなたの頑張る姿を見てくれているものですよ。

 

いかがでしたか?

男性に「あざといなぁ」と思われてしまうと、恋は一歩後退することになってしまいます。何事もやり過ぎは良くないので、男性にアピールする際はその辺の“程度”をしっかりと見極めてくださいね。

 

【参考】

※ バレてます!男子が「あざといなぁ」と思う女子の恋愛テクニック – gooランキング