シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

男の9割がイカせてない!「アレで損しまくるオトコ」の特徴3つ

みなさん、そろそろ夏です。夏は楽しみですか? 夏は楽しいに決まってますが、旅行などで出費が多くなり、もっとお金がほしいなと思いますよね。

私もホリデー・モードになって、「ね~ん、セブとかモルディブとかいきたいょぉー」とカレシにおねだりしてみました。でも私のカレシって、無職であまりお金がないんですよね……。

いきなりのおねだりにあせっちゃったみたいで、次の日、

カレシ「俺、沙耶をセブにつれてく」

沙耶「え、どーやって……?」

カレシ「やるよ……、FX!」

なんて言い出したんです。FXってなんですか? ぜんぜんわからないので、恐くなり、密かに本当に大丈夫か調査開始。非営利型一般社団法人の日本FX教育機構代表理事、野口健幸さんに取材を敢行。FXで成功するオトコ・失敗するオトコの違いについてお聞きしました。

教えてっ、ノグッチ!

「私のところのデータでは、FXにおいて男性の9割は負けています。せっかくのチャンスをイカせていないんですね。今日は、成功する男性と失敗する男性の違いをお話しますよ」

 

■1:湘南のサーファーvs波打ち際で砂遊び男子

「湘南海岸で台風が来たらサーフィンに行く……。こういうタイプの男性は、失敗します。FXに向いてないですね。

楽しそうだからと、自分ルールでリスクテイクしてしまう男性の場合、負けてしまうんですよ。

FXに手を出すチャレンジ精神がある男性の場合、9割がこのタイプ。だから負けて去っていくんですよね。

反対に、波打ち際で砂遊びをしながらサーファーをかっこいいな……、みたいに憧れて見ているような男性。このタイプのほうが、成功する確率はあります。やってはいけないことのルールを守りながらも、“大きい城をつくりあげる!”など自分のゴールにチャレンジできるタイプですね」

 

■2:経営者vsサラリーマン

「経営者には、FXで勝つタイプが多いですね。

経営というのは、チャレンジの連続ですが、様々な法律を遵守しながら、それに基づいて攻めなければいけないんですよね。こういったルールを守りながらチャレンジできる習慣が身についている“経営者”は、FXで強いですよ。

反対にサラリーマンの場合、基本的にチャレンジしないですし、チャレンジするタイプだとイケイケどんどんでリスクの計算ができないので、負けやすいといえますね」

 

■3:FXやってるぜ!男子vsFXを内緒にする男子

「合コンかなにかで、“俺、FXやってんだぜー。稼いでるよ!”なんて自慢する男性……。こういう男性は、まず儲かっていないとみて良いですね。

そういうことをいう人は、まず勝てないです。一時的に勝っても、負けます。“俺、すごいんだぜ”という精神では勝てないんですよね。勝っている人は、“ありがとう”という感じです。勝っていることを自慢することもしません。FXやってるんだぜー!というタイプをかっこいいと思って、付き合うと、いつか“お金貸して”と言われますよ。

自我が出ると負けるのです。ちゃんとルールに従って、自分の設定したゴールへコツコツと邁進できる1割のタイプが必勝する世界ですね」

 

いかがでしたか? どうやら私のカレシは無理なようです。映画『ハートブルー』のラストシーンを見て、「沙耶、俺も台風が来たら……、行くぜ?」なんて言ってましたからね。あーあ、セブは無理かなぁ?

 

【取材協力】

※野口健幸・・・『一般社団法人 日本FX教育機構』代表理事。FXをわかりやすく、勝つように教える評判の講師。その腕を買われ、外国証券会社からファンドマネージャーを打診された事もある。7月20日に銀座で勉強会を開催。