シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

男のフェティシズム――夫はなぜ"いちばん綺麗な状態のあなた"を「ママ」と呼びたいのか?

夫に「ママ」なんて呼ばれて、内心は「あなたのママではないわよ」とイラっときている女性たち。男と女の関係だったのはもう昔、忙しい日常生活に疲れて、ときめきも忘れてしまった。そんな女ゴコロや夫婦関係は、いったいどうしたら改善するのでしょう。恋愛エッセイストの潮凪洋介さんがヒントをくださいます。

 

 

レストランで周囲の視線を集めた40代女性は、ママ!

クリスマスの夜、日本橋のある老舗百貨店のレストランで食事をしていたときのことです。40代と思しき、美しい女性が、一人であらわれ、静かに席に腰を下ろしました。

その瞬間、周囲のテーブルに座る家族連れの男性陣の多くが、彼女にいっせいに視線を馳せたのです。もちろん、どの男性も家族同伴なので目線はすぐにそらすのですが、皆、控えめながら、必ず二度見をしていました。

間もなく一人の男性が、小さなお子さんを抱っこしながら現れ、こう言いました。

「ママ、お待たせ...!」

と、次の瞬間、周囲の男性の視線が、今度は、その男性に一気に注がれたのです。

(お、おお、ママだったの...しかも、彼があの女性の夫か...なかなか、やりおるなあ...)
私自身、そのように思い、勝手にその男性に、尊敬のまなざしを送ってしまっていたのでした。

かような "女性を巡るオスのマウンティング&ポジショニング"は、21世紀のクリスマスの日本橋老舗デパートであれ、ニューヨークの5つ星ホテルのレストランであれ、世界中で日々、何千万箇所で繰り広げられていると想像します。

注目の的になった女性は女冥利に尽きると言うものです。

こんなふうに、視線を浴び、夫のポジションをあげる存在を目指す―――
それもまた、コンテストに出るみたいで楽しそうですね。

ママと呼んだ瞬間、夫の脳裏には満悦感が

しかし、ここで大切なことがもう1つあります。

それは、美しい状態の妻を「ママ」と呼んだ瞬間の夫側の脳裏にも、フェティシズムを伴う満悦感が宿るということです。

他人から見て「ママなの?え、違うでしょ?」と見紛う、美しい状態の女性をあえて "ママと呼ぶ" ―――
この瞬間に、男は征服欲にも似た、ロマンを感じてしまうのです。


しかも、この法則は、全世界共通です。
バカバカしい格言のようですが、これは人類オス共通の習性なのです。

もしそれが仮に事実だとして、妻はいったい、何をどうすればいいのか?

髪型を整え、メイクをして、さらには一番好きな服を着て、できればヒールを履き、思い切りデートモードのまま、お子さんを連れて出かけることはできるでしょうか?
もしできるならば、ぜひやってみて頂きたいのです。

あの頃のように、街を歩き、一緒にレストランに入り―――

そして、その状態であえて「ママ!!」と呼ぶことを許してあげて欲しいのです。
いちばん綺麗なあなたを、自分の自慢の妻として夫に「ママ」と呼ばせる。


きっと、夫はご満悦です。

普段着ではダメですよ。
あくまで一番綺麗なあなたに対し「ママ」と呼ばせてあげて欲しいのです。

「じぃじ、ばぁばさんが、子どもを預かってくれちゃった!」

そんなラッキーが舞い込んだ時には、子どもたちを預けてのお出かけも良いと思います。

思い切りデートモードでお出かけして...。

 

 

でも、それでも、あえて「ママ!」と呼んで貰ってください。

ちゃんと子どももいて、育児もして、それなのに、こんなにキレイな妻...その妻と豊かな時間を過せる夫としての自分――――

バカでしょうか? でもそんなシチュエーションが、男どもは、たまらなく好きなのです。

なんとも奇妙な、男のフェティシズム蘊蓄(ウンチク)に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

ママでもキレイ、成熟した女性を楽しみましょう

ママと呼ばれたって全然いいんです。むしろ、一番綺麗なあなたを夫に"ママ"と呼ばせてください。

「こんな綺麗な女性が妻でいてくれている事実」に夫は改めて感謝し、あなたも「自分が子どもを持つママでありながら、成熟した美しい1人の女性」であることを再認識できる―――そんな素敵な夜になると思います。

ママである自分を認めてあげてください。
ママだからいいんです。
ママ最高!


あなたの日々に華やぎの時間が訪れますように――。

<執筆>エッセイスト 潮凪洋介

雑誌やWebをはじめ、恋愛&人生系著書多数。リアルエッセイの著作は国内外68冊にのぼる。恋愛は現場で起こっている! モテ偏差値60以上を目指す、大人の男女のための実践型恋愛コラムなどを執筆。

 

 

 


<関連記事>
夫に「ママ」なんて呼ばせない! 褒められる・モテる「大人の女子力」アップ方法
年代別に目指したい!「大人の女性」に近づく美容ヒント
外見も内面も若々しくなる!「大人の女性」3つの習慣とは?