シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

生理前の肌荒れやイライラは「朝の10秒習慣」で回避せよ!

「ダイエットしているのに体重が減らない!」「イライラして彼とケンカしてしまった」いつもより調子が悪いなと思っていたら生理前だった、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
女性の体や心は、生理周期や女性ホルモンとは切っても切れない関係。基礎体温を測って自分の体と向き合えば、生理前の不調を改善できるかもしれませんよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ 生理周期と基礎体温の関係

女性の体内には「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが分泌されており、この2つの女性ホルモンの増減によって、さまざまな症状が起こります。例えば生理前の「スロー期」にはプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が急増するため、イライラしたりむくんだり、食欲が増えるなどの影響がでます。基礎体温はこの2つの女性ホルモンの動きを知るためのもの。基礎体温を測りグラフ化することで、自分の体のリズムや、状態を知ることができるのです。

■目的別!体のリズムに合わせてキレイになる方法

毎日たった10秒ほどの検温が面倒だなという人は、測る目的をもってモチベーションを保ちましょう!

●ダイエットに適した時期を知りたい!

ダイエットには生理後から排卵日までの低温期がベスト! 血液の循環を良くして代謝をあげ、水分を外に排出しようとする働きのあるエストロゲンの分泌が盛んな時期なので、効率的にダイエットができます。

●生理前の肌荒れをなんとかしたい!

生理前の「スロー期」はプロゲステロンの分泌が盛んになります。プロゲステロンは皮脂の分泌量を増やし、一時的にメラニン色素の生成が高めるので、生理前はナッツなどの豆類やケーキなどの油分の多い食事を避け、紫外線対策をしっかりとおこないましょう。この時期のストレスは肌荒れを加速させてしまうので、穏やかに過ごす工夫を。

●彼とのケンカを避けたい…

「スロー期」は肌荒れやむくみだけでなく、イライラしたり、気持ちが落ち込みやすかったりなど、精神的にも不安定になりがち。自分は今イライラしやすい時期なのだなと自覚し、コミュニケーションをとるようにしましょう。血液の循環も悪くなっているので、軽い運動やストレッチなどを取り入れて、あまり無理をせず穏やかに過ごす工夫をしましょう。

基礎体温は、たとえ計り忘れてしまった日や、同じ時間に測定できない日があっても、とにかく続けて習慣化することが大切。最近は基礎体温を管理できるアプリなどもあるので、そういったものを活用するのもいいですね。

自分の体の状態がわかれば、それに合わせてケアができるので、生きるのが少しラクになるのではないでしょうか。自分の体と上手に向き合って、毎日をイキイキと過ごしたいですね!

(LBR編集部)

【参考】
めざめ体温習慣  宋美玄先生の女性のお悩み相談室  – カラダのキモチ ドコモ・ヘルスケア株式会社