シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

甘えたいのに甘えられない…そんな女性に送る「上手な甘え方」のコツ

男性は彼女が甘えてくると「可愛いな」とキュンとなって、ますます愛おしくなるものなのだとか! とはいえ世の中には「甘えるのが苦手!」という女性も少なくないですよね。彼女に甘えられると「頼りにされている」とうれしくなるので、男性にとってプラスの効果に! というわけで今回は「甘えられない女性の特徴」と「上手な甘え方」をご紹介します!

甘えたいのに甘えられない!

1. 恥ずかしがり屋

彼に素直な気持ちを伝えるのが苦手、恥ずかしい! と感じる女性からは「甘えるなんて……照れくさくて、無理!」という声も目立ちます。本当は彼に甘えたいけれど「恥ずかしい」という気持ちが邪魔をして、強がってしまうタイプは甘え下手が多いです。

「ストレートに気持ちを伝えるのが恥ずかしい! 本当は甘えて、よしよしって言ってもらいたいけれど……自分のキャラじゃない気がして躊躇しちゃう」(27歳・女性・アパレル関連)

▽ 普段、サバサバしたキャラの女性は「甘えるのは恥ずかしいこと」というストッパーがかかってしまうものですよね。

2. 自分に自信がない

自分に自信がないと「甘えたら嫌われそう」「私なんかが彼に甘えたら、ドン引きされるのでは?」という不安から、甘えることができないという声もありました。

「自分にいまいち自信がないから、甘えたら引かれそうで、何でも自分でやってしまう! だから『俺に頼ってくれないのは、なぜ?』みたいな雰囲気になってうまくいかないことが多いです~」(30歳・女性・IT関連)

▽ 彼に愛されている自信があれば、どれだけ甘えても受け入れてくれると思えますよね。

3. 甘え方が分からない

彼に頼りたい気持ちはあるけれど「甘え方が分からない」という声も多数! どうやって甘えれば彼が喜んでくれるのか……よく分からなくて甘えられない女性も少なくないです。

「どうやって甘えればいいのか分からない! 私は長女なのですが、お姉ちゃんって甘えるのが苦手なタイプが多いですよね。妹は甘え上手でうらやましい」(28歳・メーカー勤務)

▽ しっかりしなさい! と言われて育ってきたタイプの女性は、「甘えるのは難しい」と思うものですよね。

彼に甘えて愛情を深める方法は?

1. ちょっとしたお願い事をする

まずは、彼が簡単にできる「ちょっとしたお願い」を意識してみましょう! 例えば、「高いところにあるものを取って欲しい」とか、「お菓子を買ってきて」など小さいお願いでも頼られている気分になるそうです。

「大きなお願いは困ることもあるけれど、やっぱり頼られるとうれしい! 開けて欲しいとか、お菓子を買ってとか、彼が簡単にできることをお願いすれば『可愛いな』ってなると思うな」(31歳・メーカー勤務)

▽ 些細なお願い事でも頼られると、彼女のことを可愛らしく思うものなのです! 小さなお願いをして彼をキュンとさせましょう!

2. 彼が得意なことをお願いする

自分はできないけれど、彼が得意なことってありますよね! 男性は自分が得意なことを頼られると、プライドをくすぐられてうれしくなるという声も目立ちました。

「自分が得意なことをお願いされると、能力が認められていることが分かってうれしい。特に仕事関連のことで得意分野をお願いされると、プライドがくすぐられます。○○くんはこういうの得意だよね! とお願いされると『え~』とかいいつつ、まんざらでもない(笑)」(30歳・IT関連)

▽ 彼が得意なことをチェックしておき、お願い事をすると距離も近づきます! 彼だからこそ、お願いするというスタンスをアピールしましょう!

まとめ

こんな甘え方なら、彼も喜んでくれて愛される女性に! 何か手伝ってもらったときは、きちんとお礼をして喜びを表現すると「また彼女を喜ばせたいな」と思う存在になれるはずです!