シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

理由に衝撃!なんと働く女性の3人に1人が「休日も平日と同じ服装」と判明

ウィークディとオフの日とで、着る服をどのくらい変えていますか?

気持ちにメリハリをつけるためにも、せっかくのオフには休日らしい雰囲気に身を包みたいと思う女性は少なくないはず。さらに、仕事上で知り合った彼とめでたく交際に至ったあかつきには、「オン・オフでガラッと変わった自分を見せたい!」と、妄想する女性もいるかもしれません。

ところが、人材会社IDAの調査結果によると、約3人に1人の女性が、休日のファッションに無頓着だという実態がわかったのです。

今回は同調査の結果をもとに、働く女性の休日ファッションの実態についてご紹介します。

 

■休日も平日と同じファッションの女性が3人に1人

同調査で、有職者の女性300人に「“休日に着る服”と、“通勤で着る服”では、ファッションのテイストを変えていますか」と質問したところ、「変える」が63.3%、「変えない」が36.7%という結果となったようです。

“変える派”が2倍ほど多いものの、約3人に1人の女性は、休日と平日のファッションが同じ“変えない派”であるという実態が明らかになりました。

さらに年代別に“変えない派”をみてみると、20代では33.0%、30代では37.0%、40代で40%となり、年代が上がるにつれ、休日ファッション無頓着になる傾向もあるようです。

 

■変えない理由は女性らしからぬアレ!?

では、“変えない派”の理由はどこにあるのでしょうか。

1位は「変えるのが面倒だから」となり、56.4%がダントツ。女性らしからぬちょっとズボラな理由に、ガッカリした女性もいるのでは?

また、2位には「お金がかかるから」が30.9%で選ばれていますが、この項目は20代が最も低く40代が最も高くなっていて、年代が上がるにつれて購入する洋服が高額にならざるをえないことも影響しているかもしれませんね。

一方、40代の2位には37.5%の得票率で「ラクだから」が選ばれているのも特徴的ですが、年齢相当の輝きを意識できるファッションを心がけ、ほんの少しでもオン・オフの違いを意識してみると、自分自身のメンタルも変わってくるのではないでしょうか。

 

以上、平日と休日で服装にメリハリをどの程度つけているかをご紹介しましたが、いかがですか?

職場では自分の好みのファッションができないとお嘆きの方ほど、休日が待ち遠しいかもしれませんね。

服装によって気分まで変わる女性は少なくありません。メリハリのある毎日を送るためにも、オン・オフでファッションテイストを変える心がけは、毎日の充実度にもつながるのではないでしょうか。

あなたもぜひ、休日にはオン・オフの違いを意識したファッションをまとって、生活にメリハリをつけてみてくださいね。

 

【参考】

あわせて読みたい