シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

猫1「ぬおー!(ドンッ、バタンッ)」猫2「…(つーん)」窓を隔てた2匹のにゃんこ、あまりに温度差がありすぎて逆に微笑ましい

ondosasugoineko1

窓を隔てて内側と外側にいる2匹の猫。ふたりの温度差があまりに違いすぎて、なんだかへんてこなことになっています。

内側の猫さんは、遊びたくてうずうずしているのか、力任せに窓に激突してみたり、大きく体を広げて自分の大きさをアピールしたりと大忙し。一方、外にいる猫さんはどうかというと……。

【あまりの温度差が微笑ましいふたり】

外の猫さん、一応窓のすぐ近くには来ているのに、どこかクールな印象。窓の内側の大暴れさんを横目で見つつも、基本的にはガン無視の姿勢。優雅に毛づくろいなんか始めちゃっているんです。

【ネットの声「猫に構ってもらいたい人間の気持ちがわかったはず」】

この動画を観た方からはこのようなコメントが寄せられています。

「猫に構ってもらいたい人間の気持ちが今の彼ならわかったはず」
「猫の二面性を象徴している。クレイジーさと無頓着さ」
「あらら、窓に顔を激突させているわ(笑)」
「あはははは」

たしかに人間が猫に構ってもらいたいときに、猫がツンツンしている構図に似ていますね。

【外の猫の冷静さの勝利?】

内側の猫は、外側の猫が絶対にこっちに来れないとわかっていて、こんなに大きな態度を取れたのかもしれませんね。

もしこれが人間の喧嘩だったら、冷静さを失っている内側の猫さんの負け。このふたり、そんなに仲が悪そうには見えないけれど、今回に限っては外の猫さんの方が一枚上手だったようです。

参照元:YouTube(Kyoot Animals)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 猫1「ぬおー!(ドンッ、バタンッ)」猫2「…(つーん)」窓を隔てた2匹のにゃんこ、あまりに温度差がありすぎて逆に微笑ましい
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事