シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

猫だけど “かわいくない” とザワザワ……噂の「招福・猫子まんじゅう」をお取り寄せしてみた!

nekoman1
以前、Pouchでご紹介した岐阜県高山市にある老舗和菓子処「稲豊園(とうほうえん)」の「招福・猫子(ねこ)まんじゅう」

予想外に“キモカワ”なビジュアルが話題になり、ついにはネット販売をスタートさせたとのことでしたが……このたび、実際にお取り寄せしてみましたよ!

本当にかわいくないか、この目で確かめてみたいと思いますっ!!

【箱を開けてみると……】

注文して数日後、届いた猫子まんじゅう。縦長の箱を開けてみると……縦一列に猫の顔が並んでる! 

nekoman3

たしかに、見た瞬間「きゃわ~☆」とキュンキュンする感じはありませんが、なんだろ、これはこれで味わいがあるというか。だんだんジワジワと可愛さがこみ上げてくる感じ……?

【それぞれちがう5匹の猫】

この5匹、すべて見た目も違えば味もちがう! 茶色のどら猫は黒砂糖生地つぶあん、白猫はプレーン生地チーズあん、グレーの猫はロシアンブルーで黒ごま生地こしあん、三毛猫はプレーン生地抹茶あん、そして黒猫は竹炭生地黒砂糖あん。「どのコにしようかな~」なんて選ぶのがまた楽しいですよね。

【お味はどうカナ?】

それではいただきます! 味はいたってシンプルなおまんじゅう。とっても素朴な味わいでおいしい。日本茶に合いますね~! 

欲を言うと、味のちがいをそこまで大きく感じなかったので、チーズあんや竹炭生地など、もう少し強く風味を感じられるとより楽しめる気がしました。

たしかに「アタシ、かわいい?」とこのネコちゃんたちに聞かれたら、「う、うん……」とちょっと目をそらしてしまいそうにもなりますが、これぐらいユルいほうがティータイムにいただくにはちょうどいいかも!? まる~いお耳におとぼけ顔。愛嬌ある表情に思わずクスリとしちゃいます。

「稲豊園」の裏路地に集うネコたちをモチーフにつくったという「招福・猫子まんじゅう」。お店を訪れる方はまわりの風景も一緒に楽しんで。ネットから購入する際は、お店の通販ページからどうぞ。

参照元:和菓子処 稲豊園
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 猫だけど “かわいくない” とザワザワ……噂の「招福・猫子まんじゅう」をお取り寄せしてみた!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事