シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

犬派よりも猫派の男子の方がセクシーだと思う理由4つ

これまであなたが好きになった人はたいてい、犬よりも猫派だったなんてことはありませんか? 歴代の彼氏が猫派に偏っているというあなたはもしかすると猫好き男子たち特有のキャラクターに惹かれているのかも!? そんなわけで今回は、犬派よりも派の男子の方がセクシーだと思う理由あるあるを集めてみました。

猫派男子がセクシーだと思う理由

触れ方がソフト

「犬を触るときって、わしゃわしゃっと触ることが多いけれど、猫に触るときにはそういった触り方はせず、すごくソフトに触りますよね。そんな感じで猫を飼っている人や猫好きの人は恋人に触れるときにすごく優しく触る傾向がある気がします」(27歳/Mさん)

▽ たしかに言われてみるとそうかもしれませんね! もちろん犬たちに触れるときも優しくなでるけど、犬のテンションが上がっているときにはわしゃわしゃっとちょっと荒くなでたりするもの。でも猫に対して激しめになでたりすることってないですよね。

家の中でのんびり過ごすのが上手

「もともと私はインドア派なのですが、犬好きの彼と付き合ったときにはやたらと外に出たがる人で付き合っていて疲れるなと感じたことがあります。その半面、今まで付き合った猫好きの人はインドア派の人が多く、家の中でのんびり過ごすことが好きで、その過ごし方も上手だったなと思います」(32歳/Kさん)

▽ 犬は寒い冬でもお散歩に行って走り回ったりするのが大好きな反面、猫も外にでてお散歩するのは好きだけど、寒い冬にはあまり外に出ていかずのんびりしていますよね。こちらがアウトドア派の場合にはインドア派の彼って一緒にいるとつまらないと思ってしまうことがあるけれど、インドア派の人にとっては猫っぽいインドア派の彼があっているのかも。

愛情表現がうまい

「犬派の男性はとても人懐っこくていつでも愛情表現をしてくれるのでわかりやすくてとても良いんだけど、猫派の人は普段はクールなくせにたまに甘えてくる傾向がある気がしますね。あのツンデレ感がたまらなく可愛いと感じてしまうので、猫派の人のほうがセクシーだなと思ってしまうんです」(29歳/Aさん)

▽ 都合の良いときだけ、自分がかまってほしいときだけやってくる猫のような愛情表現に不安を覚えちゃう人もいる一方で、あのギャップのある愛情表現がたまらないという人もいるんですね! 確かに普段甘えない彼に甘えられたらたまらないかも。

自立している

「猫派の彼は自分の時間は自分の時間、恋人と一緒に過ごす時間はその時間としっかりと分けているので、私が一人の時間がほしいときにもちゃんと理解してくれますね。でもこれまで付き合った犬派の彼はかまってほしいオーラを出してきて、一人の時間をあまりとることができなかったかも」(35歳/Rさん)

▽ なるほど。こちらが趣味や仕事に忙しい場合には、かまってもらうことが大好きな犬派の彼よりも、自立した猫派の彼の方が良さそうですね。そのかわり、こちらがかまってもらいたいときにちょっかいをかけると、激怒されそうだけど!