シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

父の日直前!知っておきたい「父と娘の心理学的秘密」3つ

6月といえば、ジューンブライド。ですが、それ以外にも大切な日があるのを忘れていませんか?

そうです。父の日ですよね。

父の日といえば、自分の父親に感謝をする日なのですが、なかにはパパのことが嫌いという女性もいることでしょう。

そこで今回は、どうして女性は父親のことが嫌いになるのかをはじめとして、3つの父と娘に関する心理学的な秘密を、まとめて紹介したいとおもいます。

 

■なぜ娘は父親を嫌うのか

『女性学評論』に掲載された研究によれば、両親のことを仲がいいとみなしていない、父親と会話をしない、父親と挨拶をしない女性ほど、父親のことを不潔だとおもい、また父親と接触したくないと考えているといいます。

つまり、両親の仲の良さや父親との会話や挨拶の頻度によって、娘の父親への嫌悪が影響されていたのです。

 

■自分に対する自信をなくす

日本青年心理学会で発表された研究によれば、娘が父親に対して、怖い、厳しい、頑固、近寄りがたいというイメージをもっていると、自分に自信がもてないといいます。

つまり、娘が父親に対して壁のようなものを感じたり、父親の融通のなさを感じていたりすると、自分はダメな人間なんだとおもってしまうのです。

反対に、娘が父親に対して、自分は父親の役に立っている、自分は頼りにされているというイメージをもっていると自分に自信がもてます。

つまり、娘は父親から信頼され、頼りにされていると感じていると、自分への好意や満足感が高まり、結果として自分に自信をもつことができるのです。

 

■ふしだらになる

日本教育心理学会総会で発表された研究によれば、父親が厳しくなく、愛情があり、家の中心的な存在であるとき、娘は性に対して節度ある態度をもつといいます。

反対に、父親が厳しくなく娘との情緒的なつながりが薄い存在のときや、ただ厳しいだけの存在であるときは、娘は性に対する節度が弱くなるというんです。

つまり、性に対する態度は厳しくしつけ育てればよいわけではなかったのです。

 

いかがですか。娘であるあなた自身がすでに気づいているとおもいますが、父と娘の関係も複雑なものだったんですね。

恋愛に関して心理学的な作用を知りたいという方はコチラも

 

【参考】

※ 岩崎かおり(2003)『父親に対する娘の嫌悪感についての研究』 (女性学評論)

※ 春日由美(2000)『父娘関係と女子青年のSelf-Esteem・自己受容』(日本青年心理学会大会発表論文集)

※ 春日由美(2002)『父娘関係と女性の恋愛・性への態度との関連』(日本教育心理学会総会発表論文集)