シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

爪が伸びても余裕!ズボラ女子必見「技ありフレンチネイル」3選

皆さんのネイルは、どのくらい持ちますか? ジェルネイルでも早い人だと3週間程で剥がれてきたり、爪の根元が伸びて見苦しくなったりしますよね? どんなに着飾っていても爪先に清潔感がないとだらしなく見えてしまいます。

そこで今回は美容ライターである筆者が、なかなかネイルサロンに行けない忙し女子にぴったりの旬フレンチネイルを3つご紹介します。オフする時間がなくても誤魔化せ、その上、いつものフレンチよりもひとひねりあるデザインでオススメ!

 

1:甘すぎないガーリー・・・べっ甲バルーンフレンチ

バルーンフレンチはフレンチの幅が広く、フレンチラインが丸くぷっくり膨らんでいるデザインを指します。フレンチが深いので、バルーンフレンチはキュートで短い爪にもぴったり。

淡いパステルカラーを何色か混ぜたバルーンフレンチで統一するとガーリーを演出します。写真のように普段のフレンチにべっ甲バルーンフレンチを取り入れると甘すぎないキュートな指先の出来上がり。

全部の爪をべっ甲ネイルにすると重くなってしまうので、べっ甲はアクセントにとどめておいて下さいね。

 

■2:ハンサム女子・・・アニマル柄斜めフレンチ

大人っぽくキメたいときは斜めフレンチが最適です。過去記事「フレンチより“指がスラリ綺麗に見える”女度UPネイルデザインは?」によると、斜めのラインが入ったネイルは縦のラインを強調し、指を細く長く見せます。また、斜めラインのサイドに小さなストーンを散らばせるとさらに指が細長く見える効果が。

肌色を明るく見せてくれるピンクベージュの斜めフレンチだけでも上品に仕上がりますが、写真のようにアニマル柄とネイビーのダブルフレンチをオンするとトレンド感が出ます。

ただしアニマル柄とアクセントカラーをたくさん施すと下品になりかねないので、片手1本ずつに留めておくのはいかがでしょう?

 

3:フェミニンシック・・・ツイードストレートフレンチ

普通のフレンチよりゴージャスで派手すぎないのはストレートフレンチ。バルーンと同様、フレンチが深いので短めネイルとも相性バツグンでオフィスにも合います。

カラーは今季旬のバーガンディーにするとクラシックレディに、グレージュにするとこなれ美人になります。

ストレートラインに沿って小さなストーンを置き、秋らしくツイード柄やチェック柄を取り入れると他の女子と差がつきますよ。柄ネイルは1~2本ぐらいにしておくほうがエフォートレスなムードになります。

 

伸びてもよいように、シンプルなフレンチやグラデーションネイルをチョイスする方は多いと思います。いつものフレンチをちょっと工夫して、品格のある秋ネイルを楽しみましょうね!

 

【画像】