シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

無意識に言ってない?仕事で使うと「信頼ガタ落ちになるNGワード」5つ

あなたは普段、職場で発する言葉について、どのくらい意識しているだろうか?

上司や同僚、あるいはクライアントや協力会社など、さまざまな立場の人と一緒にする仕事であれば、なおさら気をつけなければいけないのが自分の発言である。

じつは、職場での信頼を一気になくしてしまう危険なNGフレーズがいくつかあるという。

そこで今回は、海外のビジネスサイト『Inc.』などの記事を参考に、“職場での信頼を一気になくすNGワード5つ”を紹介したい。

 

■1:「ちょっとわかりませんが……」

もし、いつもこのセリフを言っているのならば気をつけたほうがよいだろう。あなたは、すでに“プロとして自信のない頼りない存在”というふうに思われているかもしれないのだ。

もちろん、わからないことをわかるというように嘘をつく必要はないのだが、職場でのこのセリフは極力使わないほうが賢明だろう。

 

■2:「たぶん……」

この言葉をよく言う人は、自信がないように思われているかもしれない。プロとして仕事を進めていく上では、使わないほうがよい言葉である。

日本人は、ついニュアンスをやわらかくしようとして、こうした言葉を言ってしまうことがあるかもしれないが、仕事をする上では使わないように気をつけたい。

 

■3:「とりあえず、やってみます」

何か仕事が与えられた時に、こうした言葉使いをしているようでは、あまり本人の意思や、信念が感じられない。できるだけ、自分の意思や信念が伝えられるような態度と言葉使いをするべきだ。

 

■4:「大変申し訳ありません」

もちろん、この言葉を相手にきちんと伝えないといけない時もあるだろう。しかしあまりにも頻繁に大げさに謝ってばかりでは、相手からの信頼も失ってしまう。

そもそも、このセリフを言うような事態にならないようにしないといけないのである。

 

■5:「正直に言いますと……」

もしかしたらこの言葉をポジティブな意味で多用している人がいるかもしれないが、ビジネスをする上で、この言葉はあまり使用するべきではない。

なぜなら「この人は、他にもまだ言ってないことがあるのではないか?」、あるいは「この人は、今まで嘘をついていたのではないか?」といった疑念を相手に抱かせてしまう可能性もあるのだ。

 

以上、“職場での信頼を一気になくすNGワード5つ”であったが、いかがだっただろうか?

普段、何気なく使用している言葉はなかっただろうか? もしあったなら、今後は使用するのはやめよう。

また自分でも気づかないうちに無意識で言っている場合もあるかもしれない。職場での信頼をなくさないためにも、仕事をする上ではきちんとおさえておきたい。

 

【参考】

※ 7 Phrases That Will Undermine Your Leadership – Inc.

あわせて読みたい