シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

炭水化物は「冷やす」が正解!?ダイエット中のコンビニご飯の選び方

美容健康のためには食生活が大切! と、わかっていても仕事中のランチや疲れている時などは、コンビニご飯しか選択肢がない日もありますよね。そして、疲れているほど炭水化物系が食べたいもの……。そんな時は、「冷やし蕎麦」・「おにぎり」・「イモ系サラダ」を食べましょう! ダイエットだけでなく、腸内環境にも優しいようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ダイエットには「冷」が正解!?

米やイモ類に含まれるデンプンは、冷やすことで「レジスタントスターチ」というデンプンに変化します。レジスタントスターチは、消化・吸収されにくいため、糖として身体に取り込まれる割合が少なく、結果として脂肪の蓄積を防ぎます。
また、食物繊維と同様、善玉菌のエサとなったり、腸のぜん動運を刺激して腸内環境美化をサポート。さらに、レジスタントスターチが腸内細菌によって発酵分解されることで生まれる「短鎖脂肪酸」には、食欲を抑えるホルモンの分泌を促す働きもあります。


■炭水化物でもOKなコンビニご飯3つ

(1)冷やし蕎麦

蕎麦に含まれるタンパク質は、「レジスタントプロテイン」と呼ばれ、レジスタントスターチ同様、腸内で食物繊維と同じような働きをします。 さらに、蕎麦に含まれるポリフェノール「ルチン」には、血管を丈夫にして血流をスムーズにする働きもありますから、夏冷えが気になる方にもおすすめです。 8割そばなど、そば粉の割合の多い蕎麦を選びましょう。

(2)おにぎり

冷えたコンビニおにぎりにはレジスタントスターチが生まれています。ただし、温めてしまうとせっかくのレジスタントスターチは減ってしまいますから、冷たいまま食べましょう。
また、玄米や雑穀が混ざったおにぎりなら、より食物繊維が摂れて◎。

(3)イモ系サラダ

ジャガイモは、冷やすことでレジスタントスターチが2倍以上に増えるそうです。このほか、サツマイモやかぼちゃにもレジスタントスターチが多く含まれていますから、イモ系サラダもおすすめです。


今日は炭水化物が食べたい!という日は、冷たい炭水化物を選んでみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【参考】
でん粉 – 農畜産業振興機構
冷やして得する栄養学 美容と健康の強い味方レジスタントスターチとは? - 世界一受けたい授業 日本テレビ
そば学入門 – 季刊 信州そばの国だより vol20