シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

漢方診断!「あっかんべー」でアラフォー女子の不調が丸わかり

寒さも増して、残業に飲み会にと身体に負担がかかりやすいこの季節がやってきました。

「毎年、この時期は仕方ない。お正月休みまではこの勢いで突っ走る!」なんて今から腹をくくっている忙し美女子も「なんだか最近は無理がきかなくなってきたなあ」なんてお嘆きではないですか?

風邪ひき知らず、肌荒れ知らずで、きつい仕事も楽しい年末イベントも元気に美しく乗り切りたいですよね。

そんな忙し美女子にぴったりの自己管理方法があるんです。それはなんと「あっかんべー」の舌出しチェック。漢方の世界では定番で、毎朝舌の表と裏の状態を診ることで自分の今の体調が手に取るようにわかっちゃいます。

今回は、美漢方カウンセラーである筆者が、“あっかんべーで自分でわかるアラフォー女子が見逃せない身体の不調”3つについて、対処法もあわせてご紹介します。

 

■白い苔=冷え

じつは日本人女性の8割は冷え症で、そのうち「冷えている」という自覚症状なしの“隠れ冷え性”が、約2割もいるというデータがあります。島国で湿度が高く、肉を食べない歴史を持っていたことも日本人が欧米人に比べて体温が低く冷えやすいことに関係しているとも言われますが、まず“自分の冷えに気づける”ことが大切です。

冷たいものは口にしないようにし、お腹にカイロや湯たんぽを当ててみてください。「暑くて煩わしい」のではなく「気持ち良い」と感じるようであれば冷えている証拠です。

 

■舌の裏の静脈が浮き出ている血=血液ドロドロ

全身の“血”のめぐりがスムースでは無く、どこかで滞っている状態で、生理中にも起こりやすい症状。シミ・そばかすが増えた、肩こりがつらい、子宮筋腫や内膜症がある場合にもこの症状が出やすいのです。

血の巡りが良くないということは“行くべきところに血液が行っていない”ということ。不要な場所に血液が留まり、その他の器官には行き届かず栄養不足状態になっている可能性が高いということです。

すべての器官に血液が行きわたり、最後の最後に届くのが“肌”“髪”“爪”。じつは乾燥は水分不足だけではなく血液不足が原因でもあります。

コーヒーを控えて黒豆茶にしてみる、脂肪の多いお肉を控えてまぐろやかつおを食べるなど、新鮮でサラサラな血液がスムースに巡るように意識をすることが大切です。

 

■舌が震えている=強いストレスと無気力

出した舌がピンっと張って舌先が細い、ピクピクと細かく震える、そういった症状の時はストレス状態または無気力でなかなかエンジンがかからない状態を意味します。

そんな時は、山芋、まいたけを胃腸に負担をかけないようによく噛んでゆっくり食べるようにしてみましょう。ミントやシソの葉、みょうがなどの香りのあるものも気持ちをすっきりとさせるのでオススメです。

疲れを強く感じる時は、食事は取らずにお白湯だけをゆっくり飲み、あたたかくして早めに休みましょう。こんなときの睡眠時間は8時間はとりたいものです。

 

以上、“あっかんべーで自分でわかるアラフォー女子の身体の不調”3つについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

始めは見慣れない自分の舌も、毎日見ていると体調によって状態が変わることが実感できると思います。

漢方には「未病を防ぐ」といって病に至る前に自分で対処するという考え方があり、私たちの体は、生理的活動のバランスを保ち常に健康でいようとする働きが生まれながらに備わっています。その素晴らしい力を存分に発揮できるように少しだけケアをしてあげれば、体は必ず応えてくれるはずです。

寒くて乾燥して嫌な冬ではなく、ほっこり温かくて潤いのある冬を元気に楽しみましょう!

 

【関連記事】

※ 当てはまったらヤバすぎ!「今すぐ休暇をとるべき」危険な6つの兆候

※ 金曜夜はジンギスカン?「卵巣年齢」が気になる女子が摂るべき食材3つ

※ ほうれい線対策も!ミランダ・カー実践「ココナッツオイル」で口腔ケア

※ これなら平気!仕事相手に批判されても「メンタルをやられない」コツ2つ

※ 閲覧注意!? 未婚女子の心かき乱す「東京タラレバ娘」の恐ろしい名言3つ

あわせて読みたい