シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

湿気は大敵! プロが教える【テレビを長持ちさせるコツ】

今回ピックアップするのは、薄型テレビを長持ちさせるコツ。正しい家電の使い方について、テックマークジャパンに教えていただきました!

薄型テレビを長持ちさせるコツ

延長保証制度の設計・運営を行うテックマークジャパン株式会社(以下、「テックマークジャパン」)は、全国の20代~50代の男女400名を対象に、家電についての調査を実施。

昭和の三種の神器といえば「白黒テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」でしたが、令和を迎えたいま、平成を象徴する「新・三種の神器」として選ばれたのは「携帯電話(スマートフォン含む)」(49.8%)、「薄型テレビ」(45.0%)、「ロボット掃除機」(37.3%)でした。

質問:昭和の三種の神器といえばテレビ・洗濯機・冷蔵庫でしたが、平成を象徴する「新・三種の神器」として、相応しいと思うものを下記より3つ選んでください。 結果グラフ
提供:テックマークジャパン

そこで前回に続き今回は、テックマークジャパンに「薄型テレビを長持ちさせるコツ」についてあらためて教えていただきました!

テレビにとって、本体や周辺に蓄積するホコリは天敵。特にテレビやブルーレイプレーヤー・レコーダーなどは設置後に移動させる機会も少ないので要注意。

また、お部屋の湿度にも気をつけましょう!

ホコリが内部の電気部品に蓄積して湿度を含むと、漏電による損害の原因になりかねません。コンセントに差し込んだ電源プラグにホコリが蓄積して生じるトラッキング現象にも似ており、基板などを容易に破損させます。

ホコリ取りなどの用具を活用して定期的に掃除をすると良いですね。

また、メーカーサービスに依頼をすると内部まで清掃してくれますので、1年に1回はお願いしてみることをおすすめします。

さらに、有機ELテレビや液晶テレビは60インチ台でも消費電力が700Wを超えるものが少なく、複数のプラグが用意されたタップコードを活用しても定格容量内でおさまると思いますが、必要以上に長い延長コードやタップコードを活用すると電圧降下によって正しく作動しなくなり故障の原因となります。

延長コードやタップコードの長さは必要最低限に抑えましょう。

延長コード タップコード
(c)Shutterstock.com

さらに、リビングなどに設置することを前提としたテレビには防水性能が満たされていません。

飛水だけでなく、油煙、蒸気の影響を受ける調理場付近への設置は控えましょう。また、加湿器の吹き出し口をテレビに向ける行為は、湿度やホコリの影響を与えることになりますのでご注意ください。

情報提供/テックマークジャパン株式会社

トップ画像/(c)Shutterstock.com

【調査概要】
調査名:家電に関する意識調査
調査対象:全国の20〜59歳の男女各200名(合計400名)
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査時期:2019年4月18日~2019年4月22日