シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

湯船に浸かる時間にも注意!乾燥を防ぐお風呂の入りかた

一日の中で一番乾燥するのはいつだと思いますか? それはズバリ「入浴後」。乾燥しやすいこの時期だからこそ、なるべく肌が乾燥してしまわないように、できることからひとつずつ対策をしていきましょう。

今回は乾燥を防ぐお風呂の入りかたについてご紹介いたします。

お風呂の入りかた

入浴後の乾燥を防ぐには?

湯船の温度に注意する

できればお風呂の温度を40度以下に設定しましょう。冬場は寒いので、温度を上げたくなる気持ちはわかりますが、お肌のためにも低めに設定してあげてください。

湯船に浸かる時間に注意

お風呂に入る女性

長時間お風呂に入っていると、指などの肌がシワシワにふやけてくるかと思います。その状態でお湯につかっていると、肌の内部にあり水分を保つ働きをするNMF(天然保湿因子)や、セラミドなどの細胞間脂質が必要以上に流れ出てしまうといわれています。
湯船につかったら最高で15分、できれば約10分以内に出るのがベストです。

湯船に浸かる前にオイルを塗る

特に乾燥が気になる方は、体を洗った後にオイルを塗ってから湯船に浸かります。

また保湿系の入浴剤を入れておくのもおすすめです。

髪の乾燥にはトリートメントを塗ってからシャンプーを

髪を触る女性

髪の毛が乾燥している方は、まずトリートメントを塗ってからシャンプーをします。

他にも、頭皮のオイルマッサージをしてからシャンプーをするのも◎。髪の毛がしっとりしますよ。

お風呂から出たら、水気のあるままボディケア!

お風呂から上がったら、水気のあるままの状態でオイルをなじませます。もしもボディケアまでの時間がかかるようであれば、ひとまず応急処置として化粧水を塗っておきましょう。
その後、きちんとボディケアをする段階になったら化粧水→オイル(ボディクリーム)を塗るとGood。

冷え性の人向け!乾燥防止ポイント

飲み物を飲む女性

冷え性の人は、この時期は特に寒いと思います。お風呂の温度をあげるのではなく、温かい飲み物を飲んでからお風呂に入るようにすると良いでしょう。

そして湯船に浸かったら、温めたタオルを湯船から出ている肩の部分に羽織り、湯船に浸かっている時間も体を冷やさないように工夫をしてみてください。

肩こりが慢性化している方は、肩まで浸かる全身浴がオススメです。

さらに浴室と脱衣所の温度差をできるだけ無くすようにすると、急激な温度差によるトラブルなどを防ぐことにもつながります。


入浴の仕方次第で、乾燥がすすみやすくなる可能性もあります。少しでも乾燥しにくい入浴習慣を身につけましょう。

ライタープロフィール

Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子

10年以上アパレル勤務後、2014年に独立。在勤中にスクールに通い基礎医学やホリスティック医学を学ぶ。美容&ファッションライターや化粧品&サプリメントの商品開発&経営のコンサルタント業を行う。

【保有資格】

日本メディカルハーブ協会認定 ハーバルセラピスト/日本メディカルハーブ協会認定 メディカルハーブコーディネーター/日本メディカルハーブ協会認定 ホリスティックハーバルプラクティショナー修了/公益社団法人日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーアドバイザー/公益社団法人日本アロマ環境協会認定 アロマハンドセラピスト/公益社団法人日本アロマ環境協会認定 アロマブレンドデザイナー

【あわせて読みたい】
▽乾燥ケアをもっと見る
これならヘルシー!「罪悪感なく食べられる旬のおやつ」3選
オトナのホリデームードを盛り上げる最旬ネイルカラー3つ
お風呂でキレイに差をつける。優秀バスグッズ3選
ネバネバで丈夫な身体をキープ!納豆の新しい可能性とは

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
美容には逆効果!やってはいけない入浴法 – NIKKEI STYLE

関連記事