シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

混雑嫌いな彼も…納得!今こそ「ディズニーデート」すべき理由

大人も子供も大好きな東京ディズニーリゾート(R)。家族や、恋人、友人同士と、何度いっても楽しい夢の国。とはいえ問題は、アトラクションの待ち時間ですよね。

仕事に疲れた彼氏や夫を誘っても「楽しいけど、土日の待ち時間とあの混雑を考えたら、ちょっと無理」とすげなく断れ、一緒に行くのはもう諦めたという人も多いのでは?

近年、入園者数が増え続けていたディズニーリゾート(R)ですが、なんと今年は、入園者数が前年と比較し、減少していることがわかりました。

 

■1:入園者数の減少は天候のせい?

株式会社オリエンタルランドの発表によると、2015 年度上半期(4月1日~9月30日)の東京ディズニーランド(R)および東京ディズニーシー(R)の 2パーク合計の入園者数は、14,372 千人と、前年同期比 95.2%とのこと。

当上半期の入園者数に関しては、東京ディズニーランドのナイトエンターテイメント『ワンス・アポン・ア・タイム』が2年目を迎えたことと、雨天や猛暑の影響等もあったためと説明しています。

昨年よりは減少したとはいえ、2015年の入園者数は、開園以来3番目の多さです(2013年が過去最高入園者数)。

<『上半期入園者数』

2015 年度 : 14,372 千人
2014 年度 : 15,099 千人
2013 年度 : 15,359 千人
2012 年度 : 13,250 千人
2011 年度 : 10,739 千人
2010 年度 : 12,954 千人>

 

■2:じつは入場料の値上げが混雑の緩和に寄与?

ディズニーリゾート(R)といえば、今年の4月にワンデーパスポートの値段を6,400円から6,900円に改定し、話題となりました。

というのも、2014年4月の消費税増税時には、6,200円から6,400円へと値上げしており、なんと2年連続の値上げ。この3年間で価格が約10%上昇しています。

今回の4月の値上げは、一説には混雑緩和のためともいわれています。ディズニーリゾート(R)が大好きな人にとっては、多少価格が上がっても、混雑や待ち時間が解消され、利用満足度が向上するなら大歓迎という人も多いのかもしれません。

入場料の値上げが入園者数減少の一因とすれば、今後も引き続き、この状態が維持されると考えられます。

 

■3:2015年11月9日からクリスマスのスペシャルイベント開催!

株式会社オリエンタルランドの経理部IRグループが2015年11月に作成したIRプレゼンテーション資料によると、ゲストの満足度向上のため、2023年度までに約5,000億円程度を投資し、ランド、シーのパークの刷新、拡張を計画しています。

具体的には、現段階の構想では、ランドではファンタジーランドを刷新し、『美女と野獣』や『不思議な国のアリス』などのエリアを新たに作る予定だとか。

またシーでは、人気の『アナと雪の女王』が体験できるエリアを含む『北欧』をテーマとした新テーマポートを計画しているそう。

まだ構想段階なので、今後の展開は確実ではありませんが、どちらも導入予定は2017年以降です。つまり2017年度以降は、ますます入園者数が増えると考えられます。

新しいエリアができるため混雑が緩和するともいえますが、やはり決まったアトラクションに人気が集中しそうです。

混雑が嫌いな彼氏や夫と一緒に行きたい人は、今をはずすとますます行く機会が少なくなる予感も。いまこそGO!です。

さらに11月9日からは、クリスマススペシャルイベントが開催しています。イルミネーションや華やかなデコレーションでパーク内は彩られ、ロマンティックかつ幻想的な雰囲気の中で、特別な一日を楽しむことができます。

 

以上、ディズニーデートに今行くべき理由をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

“待ち時間がイヤ”という彼氏や夫をこの機会にだめもとで、誘ってみてはどうでしょうか?

ニュースになっている入園者数減少の数字を出せば、エビデンスにこだわりを持つビジネスマンなら、意外に納得(根負け?)して、つき合ってくれるかもしれませんよ!

 

あわせて読みたい