シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

涙袋もウルっと自然!美容賢者も頼る「モテ顔100均コスメ」3選

鼻が高くぱっちりしたデカ目は美人の特徴ですが、そこにぷっくりした涙袋が加わると、さらに目元に輝きが増し、笑顔が可愛いモテ顔へ変身します。

そこで今回は、ホリ深顔とモテ顔を実現させちゃう、筆者おすすめの“ちょい足し100均コスメ”を3つご紹介します。

 

1:Art Collection『ATノーズシャドウ&ハイライト』

自然なノーズシャドウとハイライトを同時に可能にする2色のフェイスカラーパレット。ノーズシャドウは明るめのブラウン、ハイライトは肌なじみのよいベージュ、どちらのカラーもどんな肌色の方にしっくりきます。

しかも丁寧なことに、商品パッケージの裏にノーズシャドウとハイライトの入れ方が詳しく記載されているので、ホリ深メイク初心者でも失敗なし。ハイライトカラーを滑らすときに付属のブラシを使い、ノーズシャドウにはチップを使うのがオススメ。

ノーズシャドウの入れ方は、『美レンジャー』過去記事の「3テクで”写真うつり”が劇的UP!プロが教えるチョイ足しメイク」で、スッと伸びた鼻筋を演出するメイク技をご紹介しているので、ご覧になってくださいね。

 

■2:LOUJENE(ルージーン)『LJ 取替え式アプリケーター』

長い柄のついたチップアプリケーター。柄が長いので握りやすくアイメイクの塗布がとっても楽なんです。しかも取替え用の太・細チップが3つもついてくるので、ノーズラインやアメイク、眉下など、用途に合わせて太さを選べます。一度使ってみてくださいね!

また、先述した過去記事にアイブロウのメイク術もご紹介しています。眉頭の上と眉山の下に一番細いチップを使って上記のアイテムでノーズシャドウを足してあげるとナチュラルな太眉毛になりますよ。

 

■3:クレヨンタッチミー『Eye Bags Pencil ST涙袋ペン』

くり出しタイプの涙袋ペンは本当に便利。シャイニーベージュとホワイトパールの二色がありますが、わざとらしくない涙袋を演出するにはシャイニーベージュがぴったりです。目の下の涙袋の部分に、目頭から目尻に沿って優しくラインをひきます。ラインがくっきりしすぎないよう指の腹でなじませれば、きれいなグラデーションが完成。

小さなパールが配合されておりシアーなテクスチャーなので、とっても上品なうるうる涙袋が出来上がります。この秋に流行る“赤みアイシャドウ”のハイライターとして眉毛の下に塗布したり、アイホールに塗ってアイグロスの代わりにしてもよいですよ。

 

かゆいところにも手が届くような逸品100均コスメ。どんどん進化しているので、100均に行くときはコスメコーナーも覗いてみてくださいね。