シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

浮気は妖怪のしわざ!? 本当に恐い…「男をたぶらかす妖怪」3選

浮気は妖怪のしわざ!? 「男性をたぶらかす妖怪」3選

一大旋風を巻き起こしている『妖怪ウォッチ』。ゲームやグッズが発売されれば、子どものみならず、大人も飛びつきます。彼氏や男友達が『妖怪ウォッチ』に夢中で、「おいおい……」と呆れている女性も多いことでしょう。

そんな『妖怪ウォッチ』のおかげで、“妖怪=カワイイ”というイメージが浸透しつつありますが、元来、妖怪は恐ろしいもの。なんと、男性を浮気に導く妖怪もいるのです!

そこで今回は、画・水木しげる、編著・村上健司の『日本妖怪大事典』をもとに、“男性をたぶらかす妖怪”をご紹介します。

 

■1:河女(かわおなご)

「最近、彼が夜中に女と会っているみたい……しかも、あんなに痩せてたのに、激太りして最悪!」

もしかしたら、それは、河女のしわざかもしれません。河女とは、青森県青森市に伝わる妖怪。美しい姿で土手に現れ、男性をたぶらかし、取り憑くのです。

取り憑かれた男性は、信じられないぐらいの大食漢となり、ぶくぶく太ります。そして、夜中に河女に会いに行くのです。他人には河女の姿を見ることができませんが、取り憑かれた男性には見ることができます。

 

■2:嘗女(なめおんな)

「彼の体の浮気が発覚。どうやら、浮気相手の舌テクはスゴイらしい。やれやれ」

もしかしたら、それは、嘗女のしわざかもしれません。嘗女とは、江戸時代の絵本『絵本小夜時雨』に登場する、阿波国(徳島県)の金持ちの娘のこと。なんと、彼女にはザラザラした舌で、男性を舐めるクセがあるのです。

作中では男性に気持ち悪がられていますが、現代に存在しているとするならば、「神の舌テクを持つ女」と呼ばれそうですね。

 

■3:パウチ

「近頃、寡黙だった彼が口うるさくなった。しかも、性欲もスゴイ。まさか、他の女の影響?」

もしかしたら、それは、パウチのしわざかもしれません。パウチとは、アイヌ語で“淫乱”を意味する言葉。普段は異界の川に住んでいますが、たまに、人間界にやって来ます。そして、男女問わず誘惑するのです。

パウチに取り憑かれると、淫乱になり、気性が激しくなります。パウチを体から追い出すには、殴り飛ばしたり、川に突き落としたりするのがベスト。ですが、本当にやるのはNGです。

 

いかがでしたか?

浮気は良くないこと。しかし、「彼の浮気は妖怪のしわざ。誰も悪くない」と思うことができれば、別れの道を選ばずに済むかもしれませんね。

 

【画像】

by spaceabstract