シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

波ウェーブで…海外美女風こなれ感!プロのツボ満載「簡単アレンジ」

最近流行のルーズなウェーブを生かした、こなれヘアアレンジ。「興味はあるけれど、自分では難しそう……」なんて方も多いのでは?

ところが、実は手が凝って見えるアレンジも、ツボさえ押さえておけば、誰でも簡単に取り入れることができるのです!

そこで今回は、人気ヘアサロン『K-two AOYAMA』の川尻敦史さんに、“プロ直伝!こなれヘアアレンジ秘儀”を教えていただきました。

 

■ストレートアイロンで波ウェーブ!“結ぶだけのこなれヘア”

ただ単に結んだだけでは、イマドキ感ゼロ。流行を取り入れるのなら、断トツで可愛いと川尻さんが太鼓判を押すのが“波ウェーブ”です。

波のように独特のカールが特徴の波ウェーブは、ストレートアイロンで作ることが可能。もちろんコテでも作ることはできますが、初心者はストレートアイロンの方が簡単にできるそうなので、早速チェックしていきましょう。

(1)髪を1束とり、ストレートアイロンで根元近くから、内巻き、外巻きでくせ付けを繰り返し、髪の中間まで波ウェーブを作っていきます。髪の中間から毛先には、コテで直接カールをつけます。

(2)左右の毛を残し、トップから真ん中の毛を取ってゴムで結びます。

(3)結び目の上を左右に割り、毛束を上から下に通して“くるりんぱ”を作ります。

(4)左右の毛をトップから毛先に向かって、徐々にねじっていきます。

(5)ねじり込んだ毛をくるりんぱの上に巻き付けます。バランスを見ながら、トップの毛を少しずつ引き出したら完成!

 

ベースに波ウェーブを作っておくことで、ラフなまとめ髪も外国人風のこなれヘアに仕上がります。顔周りを華やかに見せてくれる効果もあるので、シンプルなファッションもステキに決まりますよ。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【取材協力】

※ 川尻敦史・・・『K-two』青山店スタイリスト。長崎県佐世保市出身。長崎県のサロンを2店舗勤務後に上京し、『K-two』青山店へ入社。カジュアル、ストリートなエッジの効いたスタイルや、外国人風のニュアンスカラー、sexyでグラマラスなヘアスタイルを得意とする。