シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

汗対策は「出勤前」と「オフィス」で分ければニオわない!

梅雨に入り、じめじめした季節になりましたね。通勤電車やオフィスの中で、汗ばむことが増えていませんか? 汗をかくと気になるのがニオイ。周りの人に気付かれていないか気になりますが、実は汗自体にニオイはなく、原因になるのは「ニオイ菌」です。女性が気をつけたい汗のニオイ対策は「出勤前」「オフィス」とシーン別の使い分けと、見落としがちな「胸元」のようです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■汗がにおうのは「ニオイ菌」のせい

汗自体にニオイはないのですが、肌表面に常駐する「ニオイ菌」が作用することで初めて臭います。ニオイ菌は汗に含まれるタンパク質や脂質を分解し、これにより発生した脂肪酸などが臭うのです。また、肌から分泌された皮脂も汗と同様、脂肪酸などに分解され、特有のニオイになるのです。


■汗のニオイ対策は「出勤前」と「オフィス」とシーン別に

汗のニオイの原因「ニオイ菌」を抑えるために大切なのは「制汗」「殺菌」「消臭」の3つです。そのためには、シーン別のケアをすることでニオイの元を断ち切ることができます。

(1)出勤前は「制汗」対策

出勤前、汗をかく前に対策をしましょう。スプレーやスティックタイプでワキ全体に「制汗剤」を塗布することで、汗ジミ防止にもなります。

(2)オフィスでは「殺菌」「消臭」対策を

汗をかいてしまったら、まずはニオイ菌と作用しないように汗を拭き取りましょう。その際、シートタイプなどを使って「殺菌」をします。その上で「消臭」スプレーをすればデオトラントケアは完璧です!


■女の汗は胸元にご注意を!

汗をかきやすいワキばかりに注目しがちですが、ワキにあるベタベタ汗の「アポクリン腺」は実は胸元にもあります。胸の大きさに関わらず、汗をかきやすい部位です。トイレに行った際などに、胸元の汗も拭き取りましょう。


汗のニオイは「加齢臭」よりも「クサイ」と思う人が多いというデータもあります。「汗臭」で印象を台無しにしないために、梅雨から夏はしっかりデオトラントケアをして、印象美人を目指しましょう。


(坂本雅代)

【参考】
クールビズ最大のストレスは“汗とニオイ” - 資生堂