シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

気分は…もう夏ッッ!「今年の出会いは絶対ビアガーデン」の理由

5月の連休も終わり、なんだか疲れたなんてひといませんか。ですが、疲れているひまなんてありませんよ。

クールビズもはじまり、季節はもう夏です。今年の夏、一人で寂しく過ごさないために、今から色々やっておかないと。

まずは、出会いの場所に出掛けるところからはじめましょう。でも、どこに行ったらいいのかわからないというひともいるでしょう。そんなひとは、ビアガーデンをのぞいてみてください。

キリンの調査によれば、今年の夏にビアガーデンに行くというひとは、昨年より増え、過去5年で最も高い結果になったのだとか。それって、行かないわけにはいきませんよね。

それに、恋愛という意味でもビアガーデンはオススメの場所。いったいどういうことか、詳しく紹介します。

 

■4人に1人が必ず行くつもり

調査によれば、今年の夏にビアガーデンに行くというひとは、全体で93.7%。昨年の91.7%から伸び、過去5年で最も高い結果となりました。そして4人に1人が、必ず行くつもりとも。

行く回数としては、2回が28.6%と最も多く、次いで1回(19.7%)、3回(18.6%)という結果。2人に1人が、2回以上行きたいと答えているんです。

 

■ビールを飲めばかわいくみえる

でも、どうしてビアガーデンが恋愛という意味でオススメなのか。それは、ビール・ゴーグル効果にあります。

ビール・ゴーグル効果とは、アルコールを飲むほど性的な欲求に対する歯止めがきかなくなる状態のこと。

ブリストル大学の研究グループが行った研究によれば、アルコールを飲んだ被験者の目には、異性が魅力的に映るようになり、その評価が高まるという結果が明らかになったのです。

必ずしも、ビールじゃないといけないというわけではないのですが、アルコールの力で彼にはあなたが魅力的にみえてしまうというわけなんです。これって、利用しない手はないですよね。

 

いかがですか。

調査によれば、ビアガーデンに行きたくなるのは、おいしい生ビールが飲みたい時(64.4%)、開放感を味わいたい時(52.4%)、わいわいコミュニケーションをとりたい時(44.9%)なのだとか。若年層ほど、わいわいコミュニケーションをとりたい時やおいしいものが食べたい時にビアガーデンに行きたいと答えています。

ということは、ビアガーデンに行けば自然と男性とコミュニケーションがとれちゃうというわけです。今年の夏は、ビアガーデンに行ってみませんか。

 

【参考】

※ ビアガーデンに関する調査 – キリン

※ 飲ませたもん勝ち?「酔うと誰でも魅力的に見える」研究で判明 – Menjoy!