シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

気にしすぎ?●%が結婚相手の「親の血液型まで気にする」と判明

結婚相手を決めるとき、あなたはどんなコトを条件にしたいですか?

交際中には見えなかった本性が結婚後に発覚し、結果的に離婚してしまうカップルがいるのも、残念ながら現実ですよね。

Timersの調査結果によって、なんと3人に1人の女性は、結婚する前に“男性のアレ”を意識している意外な現実がわかりました。

どうやら、婚活とアレには深〜い関係がありそうなんです。

 

■女性の30%は結婚前に男のアレを意識する!?

男性112人・女性537人の合計649人を対象に実施された調査では、衝撃的な現実が明らかになっています。

「結婚相手の血液型を意識する?」と質問してみると、なんと、「結婚する前に相手の血液型を気にした」という女性は、約30%にものぼったのだそう。

これは3人に1人もの高い割合ですが、あなたも男性の血液型を結婚の条件として意識しているでしょうか?

現実論としては、お相手の血液型によっては、将来の結婚生活の満足度にも影響があると考える女性も、いるかもしれません。

 

■40%は結婚相手のアレに理想がある!?

そして、約40%の男女が「結婚をするなら○○型の相性がいい」という考えがあることも判明。

俗に、A型はマジメで、AB型は二面性があって……などともいわれますが、約15%の男女は、「結婚相手の両親の血液型も意識する」ことも明らかに!

熱烈な“血液型診断”信奉者には、彼だけでなく、両親の血液型にもこだわりがある女性もいるよう。

近年では、“ブラッドタイプハラスメント(ブラハラ)”という言葉もあり、人間の性格を血液型で断定するのを避ける風潮があるんです。

でも実際のところは、そんな風潮であっても、お相手の血液型を意識している女性がいるのも現実かもしれません。

 

■40%はブラハラで不快な経験あり!

一方で、約40%の男女が「ブラハラのような経験をしたことがある」と、不快に感じた過去を有するようです。

「ルーズなはず」「冷たいはず」「嘘つきなはず」など、血液型を理由に決めつけられれば、不愉快になる男子だって多いはず。

彼の血液型が気に入らないからって、それを理由に決めつける発言をしてしまえば、深~く傷つけることにもなりかねません。

 

いかがですか?

日本人は血液型診断が大好きな国民ともいわれますが、あなたは、結婚相手の血液型ってどのくらい気にしていますか?

「ブラハラ」という言葉は知っていても、彼の血液型が理想と異なることが結婚の意思を左右するほど大きな要素になっている女性も、いるのかもしれませんね。

 

【参考】