シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

毛穴の開きに黒ずみ…三大美人県でも苦労する「お肌の悩み」1位は?

海外にいると「日本人は美人が多い」という褒め言葉をよくいただきます。しかし、日本国内に目を移せば、気候や文化、風土も少しずつ異なるように、地方によって顔の特徴も微妙に違うもの。

では日本で“美人の産地”と呼ばれることが多い都道府県の女性たちは、いったい“美”についてどう感じているのでしょうか?

今回は、あやべビューティークリニック福岡が“日本三大美人”と言われる秋田、京都、福岡の20~40代女性300人を対象に実施した「美容に対する意識・実態調査」の結果をご紹介します!

“地元に美人が多い”と思う人の割合1位は福岡、では京都は?

まず3府県の女性たちに「自分の住んでいる地域(地元)に美人が多いと思うか」と尋ねると、福岡県人の82%、秋田県人の79%が「そう思う」と回答。しかし京都府人は36%と低率に……。

「そう思う」と答えた人の意見は、「周りの友達や知人が綺麗な人が多い。肌の質などが違う」(秋田・28歳)、「若者の街で、美人が多いと聞くし、出身芸能人も多いから」(福岡・35歳)など。

一方、京都府人からは「町中でも2度見するような人はいない」(京都・33歳)と、なかなか手厳しい意見が出ていました。古都・京都の女性たちは、“美”の基準にうるさいのかもしれません。

次に「地元が“三大美人”の地域といわれることはプレッシャーであるか」という質問に対しては、秋田県人の37%が「そう思う」と回答。福岡県人は18%、京都府人は12%という結果に。

プレッシャーを感じたときについては、「テレビで“秋田美人を探せ”のようなロケ番組を見たとき」(秋田・24歳)、「修学旅行生が美人探しをしながら“全然いない”などと文句を言っているとき」(京都・48歳)、「福岡だというと、“やっぱり美人が多いんでしょ? 合コンもレベル高そう”と言われるので何となくプレッシャーを感じる」(福岡・29歳)といったシチュエーションが挙げられていました。

“三大美人”最大の悩みは“シミ・そばかす”!

では、“三大美人”地域の女性たちはどんな美容の悩みを抱えているのでしょうか? 「気になってはいるものの、ケアしきれていないポイント」を尋ねると、

<秋田>

1位・・・シミ・そばかす(60%)

2位・・・毛穴の開き(51%)

3位・・・乾燥(46%)

<京都>

1位・・・シミ・そばかす(54%)

2位・・・毛穴の開き(53%)

3位・・・毛穴の黒ずみ(46%)

<福岡>

1位・・・シミ・そばかす(60%)

2位・・・毛穴の黒ずみ(51%)

3位・・・毛穴の開き(46%)

という結果でした。順位は違えど、いずれも同じような回答が上位3位を占めています。

地域は違っても、女性の肌の悩みは共通しているのかもしれませんね。

以上、“日本三大美人”の美容感をお伝えしましたが、いかがでしたか?

春から夏は紫外線量が増える時季。ケアを怠らずにしっかりガードして、お肌を守ってくださいね!

【参考】

※ 美容に対する意識・実態調査 – あやべビューティークリニック福岡