シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

毎朝スッキリに!朝に摂りたい「腸活」食材3つ

朝はデトックスの時間、とよく言われるように、東洋医学では午前5時~7時の間は大腸が活発に働き解毒をする時間帯と言われています。この時間帯に、身体を内側から温めて、腸の活動をサポートするためにも、「炭酸水」・「ジンジャーパウダー」・「ミントティ」を取り入れてみましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■便秘解消に!毎朝摂りたい腸活食材3つ

(1)寝起きの「炭酸水」

炭酸水には、胃腸の血流を高めて活性化させる働きがあることがわかっています。冷えた水のほうが胃腸を刺激する、とも言われますが、朝は体温が低い時間帯ですから、日頃から冷えやすい方は常温で飲みましょう。また、胃腸が動き出すことで、体内時計もリセットされて代謝モードに切り替わるため、朝の炭酸水は1日のスタートに最適です。

(2)朝食には「ミントティ」

便秘外来で有名な松生医師によれば、ミントには腸の働きを活性化する働きや、老廃物を排出するデトックス効果があるそうです。
ミントティにしたら、お砂糖の代わりに、善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」を加えて飲んでみると更に美腸に効果的。
また、ミントの香りにはリラックス効果がありますから、朝、緊張すると便秘になる、もしくは下痢になる、という場合にもおすすめです。

(3)温めの「ジンジャーパウダー」

生姜を加熱乾燥して作られたジンジャーパウダーには、内臓の血流を高める働きがあります。腸はもちろん、身体全体を温める働きがありますから、これからの季節にとくにおすすめの食材です。
ミントティや、コーヒー、紅茶など、毎朝の飲み物に是非プラスしてみて!


腸は、老廃物を排出して栄養を吸収する大切な臓器です。痩せ体質になるには、余分なものを溜めこまない腸に保つことが大切です。腸活食材を取り入れて、毎朝のスッキリをサポートしたいですね。


(岩田 麻奈未)

【参考】
炭酸水を飲んで健康促進 – 炭酸生活
※松生恒夫著(2009年)「お腹と頭がすっきり!ミント健康法」(廣済堂出版)