シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

残酷ですが…目立ってます!「ほうれい線くっきり」勘違いメイク3連発

多くの女性のお悩みであるほうれい線。何とかメイクで隠そうと試行錯誤する人も多いのですが、実は誤ったメイク方法で、逆にほうれい線を目立たせてしまっている人も少なくありません。

そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ筆者が、ほうれい線が逆に目立ってしまうNGメイク法についてご紹介します。

 

■ファンデの厚塗りはNG!ほうれい線が目立つNGメイク法3つ

(1)ファンデーションのつけすぎ

ほうれい線が気になると、ついファンデーションを重ねてカバーしたくなりますが、実は逆効果。必要以上にファンデーションをのせると肌の上でズルズルと崩れやすくなり、気が付くとほうれい線の溝にファンデーションがたまっている……なんてことになってしまいます。

パウダータイプもリキッドタイプも、ほうれい線をはじめとしたシワが気になる部分や、目元や口元など表情筋を動かす機会が多い部分は、極力薄めにのせると崩れにくいのでおすすめです。

(2)下地が均一に塗れていない

メイク下地を適当にのばしている女性は少なくありません。しかし、下地こそメイクの持ちを左右する大切なアイテム。均一にぬれていないとファンデーションがきちんと密着せず、時間の経過とともにファンデーションがよれ、ほうれい線の溝に入り込みやすくなってしまいます。

ファンデーションがピタッと密着するよう、メイク下地も丁寧に均一にのばすように意識することが大切です。

(3)コンシーラーのつけすぎ

ほうれい線を目立たなくするメイク術のひとつに、コンシーラーを使う方法があります。明るめの柔らかいテクスチャのコンシーラーをほうれい線部分につけて指でトントンと叩き込むことで、光の効果でほうれい線が目立たなくなるというもの。しかし、つけすぎて逆に目立ってしまっている女性もいます。

コンシーラーを重ねすぎると色が浮いてしまったり、メイク崩れを招きやすくなるため、シワにコンシーラーがたまってしまったりします。コンシーラーもファンデーション同様、薄く密着させながらのばすのがポイントです。

 

■朝の保湿不足はほうれい線が目立つ原因に!

ほうれい線が目立ってしまう大きな原因のひとつが保湿不足。肌が乾燥しているとファンデーションが密着しにくく、また、乾燥していることで余分に皮脂が分泌されるのでメイク崩れしやすくなってしまいます。余分な皮脂はファンデーションと混ざり合って、ほうれい線の溝にたまりやすくもなってしまいます。

乾燥しやすい人は化粧水をたっぷり使用して保湿し、乳液も目安の量をきちんと使用することが大切です。また、オイル美容液はしっかりなじませないとメイク崩れを招きやすくなるので、朝よりも夜に使用することがおすすめです。

 

以上、ほうれい線が逆に目立ってしまうNGメイク法をご紹介しました。是非参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

 

【姉妹サイト】

※ 新年から疲れちゃった…!「ドラッグストアで買える」癒やしグッズ5選

※ 正月太りをリセット!運動も食事制限もなしの「努力ゼロ痩せ」テク