シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

残念な「ファーコーデ大人女子」続出中!OVER35は避けたい3つのNG

大人女子を格上げしてくれるファー。ですが、エフォートレスがキーワードの今年はファー使いがとっても難しい! OVER35が下手に身につけると頑張っているマダムに見えちゃうんです。

そこで今回はファッションライターである筆者が、アラフォーにはNGなファーコーデを3つお届けします。

 

NG1:リアルファーコート

日本の極寒の地でない限り本物の毛皮のコートは浮いてしまいます。それでも正真正銘のマダムでしたら似合いますが、一般の女子には難度が高いアウター。

ファーが好きな方は、コートではなくファージレか、毛先の短いフェイクファーのコートをチョイスしましょう。インナーにはあえてカジュアルなボーダーやシンプルカットソー、ボトムスにはワイドデニムやハンサムなタイトスカートをコーデして。

ファーにフェミニンなスタイルを合わせるとゴージャスすぎるので、マニッシュアイテムをインナー、ボトムス、靴に持ってきましょう。

 

NG2:もこもこファー帽子

もこもこしたファー帽子ってかわいいですよね。しかし、ガーリーすぎて大人な女子には似合わないときも。ファー帽子を選ぶときは、控えめなボリュームでベージュやグレーなどのニュアンスカラーがオススメ。

ファー帽子にトライしたいけれど自信がない方は、アンゴラニットでできたキャップやベレーを試してみて。

ファー帽子を被る場合、全体のシルエットやカラーを大人っぽくしたほうが垢抜けます。トレンチやレザージャケットに合わせると、ファーの可愛さとアウターのかっちりさが絶妙な甘辛バランスに。

 

NG3:ファーかごバッグ

ファーかごバッグもここ数年よくみますが、アラフォーには子供っぽいバッグかも。今季はファークラッチの方が断然こなれ風になりますよ。

その他、ファーバングル、ファーピアス、ファーローファーなど、フェイクファーを使った小物を、いつものスタイルに1点加えるだけで今っぽい雰囲気に仕上がります。

 

トレンドだからといって、全体にたくさんファーをとり入れると下品になってしまいます。ファーアイテムは1点にしぼって、この秋冬はリュクスなエフォートレスを目標にしましょうね。