シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

歯がグラグラ…放置は厳禁!歯がグラグラする原因と歯を守るための方法

1:歯がグラグラだし噛むと痛い…子供の歯じゃないなら放置は厳禁!

歯がグラグラしてきて噛むと痛いといった人はいませんか? それが乳歯であれば、そこまで神経質になるほどのことではないでしょう。

しかし永久歯であれば、放置するは危険かもしれません。まずは歯医者に行って診断してもらいましょう。

 

2:虫歯や歯周病の可能性も!歯がグラグラする原因5つ

専門的な診断や治療は、当然ながら医師に任せることにして、基本的な知識として、一般的に言われている歯がグラグラする原因についてまとめてみました。

(1)かみ合わせ

歯のかみ合わせが悪いことが原因で、特定の部分に強い力が加わることがあります。そうすると、歯を支えている土台の組織がダメージを受けてしまって、歯を支えることに問題が出てきてしまう場合があるようです。

歯のかみ合わせが悪いと、同じ場所ばかりに力が加わって、結果としてグラグラしてきてしまうというわけです。

(2)歯周病

歯磨きを怠っていたり、デンタルケアが行き届いていないという場合、歯周病菌が原因で歯肉に炎症が起きてしまう場合があります。その場合、歯を支えている骨が溶けてしまい、歯がグラグラしてしまうことがあるようです。

(3)詰め物やかぶせ物が外れている

虫歯などの治療を受けたあと、詰め物やかぶせ物をしている場合、それが外れてしまってグラグラしているように感じることも。歯とかぶせ物との間に隙間が空いてしまっている場合や、接着剤が経年で剥がれてしまっていることなどが考えられます。

(4)歯の根が割れている

歯の根が割れていることが原因で、歯がグラグラしてしまうことも。例えば、あごに強い衝撃が加わって歯の根が割れてしまうといったケースや、夜中の歯ぎしりが原因で歯の根が割れてしまうといったようなことが考えられます。

(5)膿がたまっている

歯の根に膿がたまっている場合も、歯がグラグラしてしまうことがあるようです。虫歯を放置していたりすると歯の神経にまで細菌が達して、そこで雑菌が繁殖して、膿がたまってしまいます。

細菌が神経にまで達すると強い痛みを伴いますが、神経が死んでいると痛みが落ち着いてくるので、痛みがないからといって治ったと思わないように気をつけてください。

 

3:歯がグラグラする夢をみた…その意味は?

今度は歯がグラグラする夢をみたといった場合についてその意味をご紹介します。占い師で恋愛コラムニストの草薙つむぐさんにお話をうかがいました。

(1)歯が不安を感じる夢

草薙:歯に不安を抱えていたり、虫歯を放置している自覚があるといった場合、ストレートに歯がグラグラしているのではないかと不安になる夢をみることがあります。

歯に限らず、自分の体調が悪いことを無視している場合、無自覚だとしても、精神的な負担になることが多いのです。もし不安がある場合は、歯医者に行ってしっかり治療を受けましょう。

(2)歯がグラグラする夢

草薙:歯のことに心配はないのに歯がグラグラする夢をみる場合は、日常的なストレスが原因である可能性があります。精神的なストレスがたまっている恐れがありますので、しっかり気分を切り替えて、リフレッシュするように心がけましょう。

(3)歯が抜けそうで怖い夢

草薙:歯が抜けそうで怖いという夢は、自分を守り切れない不安の表れかもしれません。コンプレックスがあって、そこを誰かに指摘されていたり、何かに挑戦しているが邪魔されているといった場合が考えられます。今一度、自分の生活を見直しましょう。

(4)歯が欠けてしまった夢

草薙:歯がグラグラして欠けてしまった場合、過去にとらわれいて、それによってマイナスを被っている場合が考えられます。直視したくないことや、うまくいかないことがあるのかも。

そういった場合は思い切って新しい挑戦をしてみるといいでしょう。何かに挑戦することで対処しなければいけないことが出てきて過去どころではなくなります。何か新しいものを手にするなど、気分を変わることをしてみるのもいいでしょう。

(5)銀歯が抜けてしまう夢

草薙:グラグラしていた歯が抜けてしまって、それが銀歯だった場合、今まで直視したくなかった問題と向き合うことになる暗示かもしれません。面倒くさくて避けていたり、見て見ぬふりをしていたことがあったら要注意。きちんと対処しておくことをおすすめします。

 

4:歯がグラグラしたら抜くしかない?できること

実際に歯がグラグラしてきたときの対処法というのはないのでしょうか。

自分でできる対処法というのは、残念ながらほとんどないと言えるでしょう。ただし、抜くしかないかどうかといえば、動くようになった原因が解消されれば、抜かなくても済む場合もあります。とにもかくにも、まずは歯医者を受診することが重要です。

できることといえば、普段からのケアがいちばん。口腔内を清潔に保つ、きちんとブラッシングをする、定期的に歯医者に行ってメンテナンスをする、などが挙げられるでしょう。

 

 

5:まとめ

繰り返しになりますが、歯がグラグラしてきたといった場合、まずはできるだけ早く歯医者に行くことをおすすめします。

かぶせ物と歯の間に隙間がある場合、そこが虫歯になってしまうことも考えられますし、自分でできるケアにも限界があります。専門家に診てもらって、ベストな治療法を相談することで早めに不安を解消しましょう。

 

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。