年末年始のおいしい誘惑に負け、どんどん蓄積する脂肪達。放置すると、解消にはもちろん時間や努力が必要になります。

「しまった……」と後悔する前に、自宅や職場で対策をとっていきましょう。今回は、パーソナルボディトレーナーでもある筆者が、ヒップアップに効果的なエクササイズをご紹介します。

 

■まずは大きな筋肉を鍛えるべし

エクササイズの後半には、筋肉疲労だけでなく心理的な疲労が出てくるため、前半にご自身が気になる部位を鍛えることが大切です。また、体の中心部の大きな筋肉のトレーニングや、複数の関節の動きを伴う複合関節動作などを先に行うことで、より安全に効果的にエクササイズを行うことができます。

さらに、筋肉を活動させることで成長ホルモンやアドレナリンが分泌されると、脂肪の分解を促す血中の遊離脂肪酸が増えてくるため、その後に大きく呼吸を繰り返しながら有酸素運動を行うと効率的に脂肪燃焼を促すことができます。

 

■アラサーはお尻を特に鍛えるべし

筆者のトレーニングサロンに通うアラサー女性で、筋力不足が顕著な部位は、ずばりお尻です。太もも前面は特に意識しなくても日々の動作で使いやすい部位ですが、お尻の大殿筋をうまく使えていない方が圧倒的に多いです。

そのため、ヒップの下垂や太ももとヒップの境目の欠如など、様々なお尻の課題に繋がっています。なかなか後ろ姿は自分では見る機会がないとは思いますが、お風呂に入る前などに小まめにチェックすることが大切ですね。

 

■お尻上向きが叶う!ヒップエクサ

それでは早速エクササイズを行っていきましょう!

(1)柱や手すりの前に骨盤幅で立ち、両手で握ります。腕は軽く伸ばしておきましょう。

(2)お尻にきゅっと力を入れながら、膝を曲げて体を斜め後ろに下げていきます。そして、太ももが床と平行の高さになるまで下げた後、ゆっくりと体を持ち上げて(1)に戻ります。常にお尻に力を入れた状態をキープしてください。つま先より膝が前に出ないよう気を付けましょう。10回×3セット行いましょう。

出勤前や家事を行う前など、いつ運動を行うか決めることで習慣化しやすくなります。ぜひ皆さんも挑戦してみてくださいね!

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

 

【姉妹サイト】

※ ゲッ…目元パンパン! 飲み会疲れを残さない「まぶたの腫れ解消」簡単テク

※ モテ男5人が女子に忠告!彼女にされたら「死ぬほど傷つく言動」4つ