シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

止まらない食欲に!「根菜」を使った食欲を抑えるレシピ

食欲の秋は「食べたい」という身体の欲求と「食べたら太る」というジレンマの間で葛藤する人も多いのではないでしょうか。そこで、秋の味覚のひとつである「根菜」を使って、食欲をコントロールする方法をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■秋はどうして食べたくなるの?

食欲の増減には様々な要因が絡んでいるため一概にはいえませんが、以下の3つの原因が考えられているようです

(1)基礎代謝が上がるのに伴いその分のエネルギー補給をするため
(2)夏バテで低下していた食欲が回復するため
(3)食べ物が捕れなくなる冬に向けて、身体にエネルギーを蓄えておくという本能的なもの

どれも納得してしまうような理由ばかりですが、また、秋冬にかけて日照時間が減少することで、日光にあたると分泌される「セロトニン」というホルモンの分泌が減ることも関係しているそうです。セロトニンは食欲の調整にも深く関わっているため、分泌が少なくなることで、コントロールができなくなってしまうという説もあるようです。


■「根菜」で食欲コントロール!

食欲を抑えるには、咀嚼の回数を増やすことが大切です。
一般的に、食べはじめてから満腹になるまで約15分必要といわれおり、よく噛み時間をかけることで、少量でも満腹感を得ることができます。また、噛む回数が多くなると顎が疲れてくるので物理的にたくさん食べることができなくなるだけでなく、交感神経が活性化され、食後の消費エネルギー量も高まるのだとか! さらに、顎の筋力も鍛えられ小顔効果も期待できます。

そこで、秋に旬を迎えるレンコンやゴボウ、ニンジン、サツマイモなどの根菜がおすすめなのです。根菜には食物繊維が豊富で、葉物野菜と比べるとよく噛んで食べないと咀嚼できないのです。


■根菜のメイソンジャーサラダレシピ

[材料(2人分)]

●レンコン:100g
●サツマイモ:150g
●リンゴ:2分の1個
●ルッコラ:10g(なければお好みの葉野菜でも可)

(A)
●蜂蜜:小さじ1
●レモン汁:小さじ2
●酢:大さじ1
●オリーブオイル:小さじ1と2分の1
●粒マスタード:小さじ4分の1

●塩・黒コショウ 適宜

[作り方]

(1)レンコン5mm角に切ったあと5分茹でておく。リンゴは皮ごとよく洗い芯をとり、5mm角に切る。サツマイモは水にさらした後、皮つきのまま5mm角に切る。600wの電子レンジで2分ほど加熱しておく。

(2)よく混ぜ合わせたAをジャーに入れ、リンゴ、レンコン、サツマイモ、ルッコラの順番に見映えよく重ねていけば完成です!


よく噛むという意外にも、根菜には身体の老廃物を排出してくれる食物繊維がふんだんに含まれており、デトックス作用も期待できます。ゆるく長くダイエットすることが結果として1番キレイに痩せることができますよ。みなさんも、是非試してみてくださいね。


(生井理恵)

【参考】
秋になると食欲がアップするのはなぜ? – タニタ
食欲の秋はコントロールできる!? – タニタ