シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

欲まみれ…超金持ちの本命になるには「まずセフレから」は本当か?

以前筆者の友達が「例えばホリエモンみたいなお金持ちと結婚するにはどうしたらいいのですか?」とコーチングの先生に質問しました。すると先生は「それはね、セフレになる勇気がまず必要だよ ! 」と回答しておりました。

ずいぶんと過激な意見ですよね。その真相は如何に? 心理学の専門家である筆者がリサーチをしてみました。

 

二股三股が当たり前の男のセフレになる勇気はある?

当然ヒルズ族のようなお金持ちの男性は人気があり、彼女が沢山いるような人が多いですが、そんな男性の本命の彼女や奥さんになるには「まずは、セフレになりなさい」ということ。過激な意見に聞こえますが、これはあながち間違っていません。

「えっ! なんで? 嫌だ!」と思う方も多いと思いますが、相手が相当な超金持ちや成功者に限った話。セフレという立場になれば本命になる可能性が出てきます。

セフレになって理解してくれる女を演じ、最後にいつもセフレであるあなたが側にいるなあということになれば、安心出来る女として本命へと昇格するのです。

 

■疲れない女が最後に残る

はじめは二番目や三番目の女でも、そのうちにその他の女が切れますので、セフレという立場はいわば都合がいい女ですが=最初から疲れない女ということです。

先日放送作家の知人も同じようなことを言ってました。「好きすぎる女は長続きせず結局フられてばかりだが、いつも側にいるセフレに対して、こいつと結婚するような気がスル」と。理由は“疲れない女だから”そうです。

私自身も以前モテるタイプの男の「セフレ? 都合がいい女?」のようになりましたが結局最後まで残っていたために、本命になったことがあります。

 

■自分をもった女は振り回されない

セフレになる勇気をもつには、相手に振り回されない自分をもつことです。セフレを作るようなタイプの男性はお金もあり性欲もあり女好きな人間が多いです。

すべてが欲であるからですが、この手の男性の彼女または奥さんになるということは、当然それなりの器が必要になってきます。

 

いかがでしたか? 旦那が遊んでいても「最後にはいこごちの良い私に帰ってくるわよ!」くらいに考えられる心の広さがないと、こういったタイプの嫁や彼女にはなれないということです。

そして、この余裕や器ができてくると自分自身にも自信がでて輝いてくるはずです。こういうモテる男と付き合うときは相手のする行動を気にしないことが一番なのです。

彼が弱っているとき、いつも最後に残って君がいる、そういう状態をつくればあなたはモテる男の彼をもつことが出来るようになっています。

 

【姉妹サイト】

※ この3つで失敗なし!「スイスイ歩けて美脚も叶える」靴選びのコツ