海外セレブも取り入れているという「ハンプトンダイエット」。これは、脂肪分の少ない赤身肉や、身体に必要な脂肪をサーモンや「マカダミアナッツオイル」で積極的に摂り、代謝の良い身体を作るという食事法です。そしてこのマカダミアナッツオイルは、「パルミトレイン酸」という脂肪酸を含み、血管・腸・肌に働きかけ、身体もお肌もキレイになれる良質オイルのようですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■マカダミアナッツオイルでカラダもお肌も美しくなれる理由4つ

(1)血管を丈夫に

マカダミアナッツオイルに含まれる注目の成分「パルミトオレイン酸」は、血管に入り込みやすい性質を持ち、食べることで血管が丈夫になることがわかっています。血管が丈夫になることで、血液の流れもスムーズになり冷えの解消、代謝UP、お肌のクスミの改善など、さまざまな美容・健康効果があります。

(2)乾燥肌に

パルミトオレイン酸は、皮脂にも含まれる成分です。血管に入り込んだパルミトオレイン酸は、お肌まで届き、皮脂分泌を促して乾燥お肌を守る働きも期待できます。

(3)便秘解消に

マカダミアナッツオイルの主成分は、オリーブオイルと同じ「オレイン酸」。オレイン酸は、小腸で吸収されにくく、大腸に届き、油膜となって糖の吸収を穏やかにする働きや、ぜん動運動を促す働きがあり、便秘解消・ダイエットに◎

(4)むくみ予防に

マカダミアナッツオイルには、身体の水分バランスを整えるカリウム、筋肉の動きをサポートするマグネシウムなどのミネラルも含まれ、むくみ予防にも◎。

マカダミアナッツオイルは、クセがなく、また加熱することもできるので、幅広く使うことができます。海外セレブも注目のマカダミアナッツオイルをいち早く取り入れて、食べてキレイを実践してみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)

美容家が本当に食べている!スーパーフード厳選6つ

脳卒中を予防するPOA - ニダフジャパン
栄養価と健康効果 - ニダフジャパン
※an・an(No.1974)『美人FOOD通信』(マガジンハウス)
※Dr.クロワッサン『「油」で健康になる』(マガジンハウス)