シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

橋口監督7年ぶりの新作映画『恋人たち』が描く、人生におけるささやかな希望の光に救われる【最新シネマ批評】

sub2_large
[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは『ぐるりのこと』『ハッシュ!』など奥深い人間ドラマを描いてきた橋口亮輔監督の新作『恋人たち』(11月14日公開)です。

今回の作品は橋口監督のワークショップに参加していた一般的には無名の新人俳優たちを主演に配することで、物語がよりリアルに胸に迫ってきます。不幸だったり、ついていなかったり、思い通りに行かなかったりする現実、そんな毎日にもがきながらも、一筋の光を求める人々の姿が胸に迫り、彼らはどうやって生きていくのだろうと目が離せなくなるのです。

【物語】

橋梁点検の仕事に従事するアツシ(篠原篤)は妻を通り魔殺人で亡くして以来、絶望の淵にいます。パート主婦の瞳子(成嶋瞳子)は無口な夫と姑と暮らしているが、姑とソリが合わず、生きがいもなく毎日を持てあましています。エリート弁護士の四ノ宮(池田良)は、他人に対して威圧的でプライドの高い男ですが、ゲイである彼は親友の男への想いを断ち切れません。

それぞれ現実にもがきながら生きていますが、アツシには職場の人たちのやさしさがあり、瞳子には奇妙な出会いがあり、四ノ宮には恋する親友との間に亀裂が生まれます。それぞれの人生に訪れた変化により、3人の人生が不器用にあちこちぶつかりながらも進んでいくのです。

sub5_large

sub1_large

【ワークショップから生まれた映画】

橋口監督の7年ぶりの新作映画は、監督のワークショップ(実践型演技講座)から生まれました。橋口監督曰く

「ワークショップのエチュードをもとに物語を膨らませていこうと思ったのですが、うまくいかず、自分に引き寄せた物語を100パーセントオリジナルで作らなければいけないなと。ワークショップに参加したアマチュアに近い俳優たちが、それぞれの限界を超えるものにしないと、彼らの未来に繋がりませんから。結局、脚本に8カ月かかりました。初めて本物のセリフが書けた気がします。今までで一番いい脚本です」

本物のセリフ……。確かにメインの3人が無名の役者だったせいもあって、まるでドキュメンタリーを見ているような、他人の人生に踏み込んでいるような錯覚を覚えました。彼らが抱えているものは、重みは違うけれど、それぞれが切実で、どうしていいのかわからない問題ばかりです。でも彼らだけではなく、人はそれぞれ何かを背負って生きているから、彼らがもがき苦しみながら生きている姿に惹きつけられるのかも。

登場する人物はすべてが善人ではなく、エリート弁護士の四ノ宮などは鼻持ちならない男ですが、親友との壊れそうな関係を修復しようと必死です。みんな必死に生きているのです。それがよくわかるからこそ、彼らの人生にグイグイ引き寄せられてしまうのでしょう。

sub3_large

【希望の光が見える映画】

3人の悩みは完全に解決するわけじゃないけど、彼らは「生きているのも悪くない」と思っているのではないかと思います。「どうなっちゃうんだろう、この人たち」と不安な気持ちで見守りつつも、少しずつ人生がふっと上がっていくのです。

瞳子など手に入れた新しいものが幻だと気付いたとき、また元の日常に戻るのかと思ったら、違うのですよね。それまでの経験は無駄ではなく、失敗でもなく、彼女自身に何かをもたらしていたのです。そんな風に、人生を肯定しているからこそ、この映画は胸に響くのかもしれません。

生きていればいろいろなことがある、ときには絶望的な思いにかられることもあるけれど、生きていれば変化が訪れることがあるのです。ささいな変化かもしれないけど、それに気づくか気づかないかでは大きな違いがあります。そんな風に「もがきながらも今を生きること」を教えてくれる映画でもあります。

ちなみにメインの3名は新人俳優ですが、助演として光石研、安藤玉恵、木野花、リリー・フランキーなどの実力派が脇をしっかりと固め、物語をグッと締めているのも見どころです。

執筆=斎藤 香 (C) Pouch

sub4_large

『恋人たち』
2015年11月14日より、テアトル新宿ほか全国ロードショー
監督:橋口亮輔
出演:篠原篤、成嶋瞳子、池田良、安藤玉恵、黒田大輔、山中崇、内田慈、山中聡、リリー・フランキー、木野花、光石研ほか
(C)松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 橋口監督7年ぶりの新作映画『恋人たち』が描く、人生におけるささやかな希望の光に救われる【最新シネマ批評】
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事