シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

楽しめるうちに楽しもう! 新婚生活を目一杯楽しむためにやりたいこと

合法的にずっと一緒にいてもいいとお墨付きをもらったも同然の「結婚」。同じ家から出発し、同じ家に帰ることの喜びを感じる幸せな新婚生活を目一杯楽しむためにはどんなことをすればよいのでしょうか。

新婚生活を目一杯楽しむためにやりたいこと

1. 一緒に料理&お弁当をつくる

新婚生活といえばやっぱり料理! 初めて一緒に暮らすカップルにとっては、お互いの料理の腕は気になるところですよね。新婚のうちは何をしても新鮮で楽しいので、一緒に料理をしたり、仕事があるときは2人のお弁当をつくったりと一緒に台所に立つのも楽しいはずです。
特に2人が休みの日はちょっと凝った料理を一緒につくって、ゆっくりのんびり過ごすのも楽しいですよね。ゆとりがあったらケーキやお菓子をつくってみるのもいいかも。
また、休みの日なら昼ごはんは夫が、夜ごはんは妻がつくると担当制で分けてみるのもおもしろいかもしれません。お互いが好きなものをつくり合っても楽しいし、お酒を飲みながらのんびり話すのも楽しいですよね。
同じ家なので、帰る時間を気にせずにずっと一緒にいられるというのはやはり独身時代とは全く違うものなのです。

2. 気軽に旅行

結婚前は、一緒に旅行に行くとなると両親の許可を取ったり、忙しい中行き先を決めたりとばたばた旅行に出かけていたかもしれませんが、これからは気兼ねなく旅行に行くことができます。休みの日に思い立って「これから温泉に行こう!」というのも可能ですし、「ちょっと遠くまで車で行ってみよう」というのも可能です。
いつでも一緒にいるから、いつでもどこからでも出発可能。何にも気を遣うことなく2人だけで決めて2人だけで楽しむことができるのです。
子どもをもつことを目標にしているのなら、子どもがいない今のうちに2人っきりで遊んでおきましょう。

3. あえて家にこもって好きなことをする

新婚だからずっと一緒にいたい! という夫婦も、新婚でもたまには一人で自分の時間を過ごしたいという夫婦も両方いると思います。ずっと一緒にいるのはとても幸せなことですが、あまり一緒にいすぎると飽きたり気持ちが窮屈になったりすることもあるかもしれません。
今後子どもができたら家族みんなで過ごす機会が増えるはず。そうすると今以上に自分ひとりの時間を持つことは難しくなります。新婚で2人しかいない今だからこそ、自分1人で過ごす時間を持つのもいいですね。
日中はお互いに思い思いの時間を過ごして、ごはんだけは一緒に食べる、夜だけは一緒に過ごすなどと決めて自分の時間を過ごしてみましょう。今は1人でもあとで一緒に過ごす人がいるというのは思っているより幸せなことなのです。

さて、今回は新婚生活の楽しみ方をご紹介しました。今しかない新婚生活を余すことなく目一杯楽しみたいですよね。相手の気持ちを尊重するのを忘れずに、2人らしい新婚生活を過ごしてくださいね。