シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

梅雨のベタ肌を解消!さらさら素肌をゲットするポイント3つ

暑さに加えて湿度が急上昇している今日この頃。肌がベタベタして、憂鬱な気分になっている人もいるのでは? 肌や体のベタつきを改善するには、適切な保湿と、皮脂汚れ落とし、優しく丁寧にメイクを落とすことがポイントと言えそうですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■梅雨は湿度や皮脂の“ゆらぎ”が問題

梅雨時期は温度や湿度が上がったり下がったりとなかなか定まらず、その影響が皮脂にも及んでしまいます。皮脂のゆらぎは肌のゆらぎに繋がり、ひいては肌のベタつきやトラブルへと発展してしまうことも。肌トラブルに悩まないためにも、梅雨時期にマストなスキンケアのポイントを頭に入れておきたいところ。


■梅雨のベタ肌を防ぐスキンケア3つ

(1)表面はベタベタでも保湿は入念に

この時期は、肌の表面がベタついていても、肌の奥は乾燥してしまっている「インナードライ」になっていることが少なくありません。皮脂バランスを整えるためにも、保湿は肌の奥を潤すことを意識しながら、化粧水や乳液、クリームをゆっくり丁寧に浸透させましょう。フェイスパックや保湿入浴剤を使うのも手。


(2)皮脂汚れをきちんと落とそう

皮脂の分泌が過剰になると肌がテカり、ほこりなどの汚れが付着しやすくなってしまいます。肌汚れは、ベタつきやニキビなどの肌トラブルを招いてしまうので、余分な皮脂は洗顔や拭き取りできちんと落としましょう。特に、Tゾーンなど皮脂が多く分泌される部位は入念に。また、熱いお湯で洗ってしまうと、皮脂を落としすぎて肌の乾燥を引き起こしかねませんので、ぬるま湯で洗うようにしましょう。


(3)クレンジングは抜かりなく

これからの季節は日焼け止めはもちろん、化粧品もウォータープルーフタイプが大活躍してくれます。その反面、落ちにくい化粧品は肌の負担にもなってしまうので、落とし残しのないように、クレンジングで優しく洗い落としてあげるようにしましょう。ウォータープルーフの化粧品使用時には、オイルタイプのクレンジングで細かい箇所まで汚れを浮かして落とすのがおすすめ。


肌に優しく、適切な梅雨のスキンケアを頭に入れておきたいものですね。


(前田紀至子)

【参考】
夏肌にも乾燥リスク? – ライオン
Beauty Advice – カネボウ化粧品
上手なメイクの落とし方 – 花王