シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

東出&杏にも待望の!「妊娠を望むなら」今から意識したい5つの事

めでたく待望の第一子を授かった、俳優・東出昌大とモデルで女優の杏夫妻。「幸せそうな二人に続きたい!」「いつか私も……」と思った方も多いでしょう。

しかし、子供を望んでいても、東出昌大&杏夫婦のように、入籍して1年以内に妊娠できる人ばかりではありません。コウノトリがやってくる前に年齢的限界を迎えたり、女性の病気によって諦めざるを得なくなったりすることも……。

今回は、いつかベビーを授かりたい人が、後悔しないためにやっておきたい5つのことをご紹介します。

 

■1:冷えの克服

「冷えは万病のもと」といわれますが、女性はとくに気をつけなければいけません。子宮や卵巣のコンディションをよくして、女性の病気を予防したり、赤ちゃんを授かったりするためにも、冷えはいち早く解消しましょう。

 

■2:子宮と卵巣をチェック

最後に婦人科を受診して1年以上経っているなら、近いうちに行きましょう。女性の病気は、他人事として捉えがち。でも話を聞いてみると、意外と身近に悩んでいる人はいるものです。

また、性病が妊娠に悪影響を与える場合もあります。健康診断のついでに受診するなど、年に1度は婦人科へ。

 

■3:正しい知識を得る

「なかなか子どもができない」と話す人の中には、間違った知識のもとに妊活をしている人も少なくないようです。例えば、「排卵日を狙えば妊娠できる」というのは、正確な情報とはいえません。

不妊症、不妊治療の情報サイト『妊娠しやすいカラダづくり』によると、次のように説明しています。以下、同サイト内『ドクターに訊く(妊娠しやすい夫婦生活とは?)』より引用。

<妊娠の可能性のある6日間の中でも、排卵の4日前から妊娠の可能性は高くなるのですが、排卵日の2日前から排卵日前日が最も妊娠しやすくなり、排卵日当日にはすでに妊娠率は低下してしまうのです。>

そもそも、婦人科でタイミングを診てもらわずに、排卵日を特定するのは難しいものです。

その他、「性行後に逆立ちするとよい」など、妊娠にまつわる沢山の情報がありますが、直接、信頼する医師や専門家に伺い、相談することが大切です。

 

■4:ストレス対策

ストレスは妊娠を遠ざけます。今ストレスだと感じていること、不安なこと、心地よくないと感じることなど、ネガティブな気持ちの要因を書き出して、その要因を止められたり遠ざけたりできないか検討してみましょう。運動やアロマ、リフレッシュできる趣味など、ストレス解消策を持っておくのも大切です。

 

■5:栄養バランスの良い食生活

栄養がきちんと摂れていてこそ、体の機能はよい状態ではたらきます。良質な卵子を作り出すためにも、赤ちゃんが健やかに育つ環境に整えるためにも、栄養バランスのよい食事を心がけて。

 

どれも当然のことのようですが、意外と疎かにしがちなこともありますよね。これら5つのことを意識して準備してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】